【インタビュー】転校少女*、逆境乗り越え放つ最新作「情熱リボルバー」

ツイート

■情熱を注いでいるのは

──「情熱リボルバー」は松井さんから始まって、寺田さん、上原さん、塩川さんと一人ひとりの声の特徴をAメロでしっかりと聴かせる構成になってます。歌詞の中でお気に入りはありますか。

松井:<やばいくらい うずいてる>ですかね。歌詞に<やばい>って使うことはなかなかないなって思うし、感情をそのまま歌にするのが斬新だなって思いました。あと、<さあ トラブル笑い飛ばせ/ジグザグ 回り道も YES>っていうのは、まさに、今の私たちにぴったりだなって思います。

寺田:確かに。私は、莉世のパートの<C’MON BUDDY!>が声と合ってるなって感じてて。レコーディングの時から、「莉世のここが好き」って言ってたんですけど、ライブで何回聴いても「今から始まるな」っていうドキドキワクワクする感じが毎回あるし、やっぱり好きだなって思います。

塩川:嬉しい!

寺田:嬉しい? 好きやねん。

塩川:頑張ります!! 私は、歌詞というよりかは、雰囲気が好きなパートがあって。3サビの一番最後の<身体 駆け巡る>のリズムというか、<身体>の言い方というか。<身体>って歌ってる時だけ、自分が大人っぽく感じるんですよ。

寺田:あ、それは自分が感じてるだけで、周りは思ってないかもしれない(笑)。

塩川:え? え!? でも、すごく好きなパートです!

上原:私はサビの始まりが、全部、<飛び出せ><飛び立て><叩き割れ>って命令口調で言ってるのが好きです。あと、サビにタイトルが入ってるのも、今までの転校少女*にはなかったかなって思うのでお気に入りですね。

──カラオケで歌う時のボーカルアドバイスもいただけますか。

塩川:転校少女*の曲はカラオケに何曲も入れていただいてるんですけと、歌うのが本当に難しいんですよ。サビで4人で声を合わせるのも難しいし、早口のパートもあって。

寺田:「情熱リボルバー」は特にBメロが早くて難しいですね。莉世とわかなのパートなんですけど、これはもう、何回も聴いてノリで歌うしかないですね。

塩川:本当に練習が必要な曲です。

松井:私が思うポイントとしては、一番最初の<土砂降りのアウェイ感>のところを“アウェイキャン”って歌うと、カッコよく聴こえるんじゃないかなって思います。あとは、一番最後の<アツイ 血の色>から<身体 駆け巡る>につながる部分をこだわって歌っているので、ちょっと意識してもらえると嬉しいです。

寺田:転校少女*の曲はメロディラインがほんまに難しくて。採点モードで歌うと、自分たちも高得点を取れないんですよね。

塩川:採点しないでほしい。

寺田:採点したら気持ちが沈んじゃうよね。こんなに歌下手だったかなって思っちゃう。だから、とにかく楽しく歌ってもらえればいいなって思います。

上原:そうですね。楽しく歌って、さやかちゃんみたいに<ON MY SOUL>の部分に魂を込めて全力で歌ってもらえたら嬉しいです。

塩川:喉を潰さないように気をつけてください!

▲塩川莉世

──ありがとうございます。ミュージックビデオの見どころも教えてください。今作ではメンバー同士で戦ってますよね。

松井:私は空手家になったんですけど、今までやったことがなくて。格闘家のルパンさんに型を教えてもらいました。それなりに見えるようにはなったんですけど、戦う相手がボクサー役の莉世で。

塩川:さやかは正拳突きしかできないんですよ。「テイヤー、テイヤー」って、まっすぐにしか打てないのが面白くて。

松井:とにかくまっすぐだけで戦ってました(笑)。難しさはあったんですけど、「空手着が似合ってるよ」って言われたので、いつか黒帯を締めてみたいなっていう願望が生まれました。



塩川:あははは。私の弟がキックボクシングをやってたので戦ってる場面をよく見てはいたんですけど、いざ、ジャブ、アッパー、フックって教えてもらった動きをランダムに言われるとすぐには理解できなくて。変にアッパーを入れちゃうし、パンチもすごく難しかったんですが、松井先輩には勝つことができたので嬉しかったです。

松井:粉々にされました。莉世に負けて、リングを叩いて悔しがるシーンも撮ったんですけど、そこが採用されなかったのが残念です。表情で悔しさを表したので見てほしかったなあ。

塩川:本当にそこばっかり撮ってたよね。私はわかなに負けてるんですけど、負けて振り返った時の顔まで映ってるんですよ。絶妙にシュールで面白いので注目して見てもらいたいなと思います。本当はもっとやばいのもあったんですが、マシなカットを使っていただきました。

上原:葵ちゃん、白目剥いてるところもあったよね。

寺田:私、わかなと戦って負けるっていう役だったんですけど、リアルに殴られたみたいに転んでたら皆さんがすごい褒めてくださったんですよ。「転び方、めっちゃうまいね。でも、全部、白目なんだよ」って言われて。自分で見たら、本当に全部、白目でした(笑)。

松井:ふざけてよくやるんですよね。

寺田:もう癖になってるから、それが出ちゃいました。「一応アイドルだから、目は閉じようか」って言われて。目を閉じたものが使われました。

▲寺田葵

──松井さんが空手家で、塩川さんがボクサーで、寺田さんは?

寺田:私は不良上がりの地下格闘家っていう役でした。「椅子でもなんでも使っていいよ」って言われて。

塩川:ぴったりですね。

寺田:いや、ぴったりじゃない! 衣装も私だけただのスウェットで、「どう見てもジムにいるお姉さんにしか見えない」って言われて(笑)。わかなは格闘技の経験者なので、タックルしたらすぐにし返されたし、何回か本当のパンチを喰らいました(笑)。全体の仕上がりは様になってますけど、さやかと莉世が戦ってる姿を見てた時は、猫パンチと真っ直ぐにしか進めない空手家が面白くてずっと爆笑してました。でも、それがスローになるとカッコよく映ってるんですよね。

上原:私はムエタイ選手に扮しました。キックボクシングをやってたんですけど試合には出たことがなかったので、リングに初めて立つことができて、すごいテンション上がっちゃって。ちょっとガチになってしまって、「顔が怖いよ」って言われました。

寺田:あと、リングの上で踊ることも初めての経験だったので楽しかったです。ダンスは銃のポーズがポイントになってます。

松井:ファンの方からは胸をドクドクさせるフリが好評ですね。

上原:私、葵ちゃんのソロダンスがめちゃくちゃカッコいいなと思ってて。自分がドヤ顔しちゃうくらいカッコいいのでぜひ見てほしいです。

塩川:ダンスが終わって、さやかの<ON MY SOUL>にかぶる直前に銃のポーズをしながらハケるんですけど、そこがすごくカッコいいんですよ。私も一人で挑戦してみたんですけど、どうしてもできなくて。これができるのはアオしかいないなって思うので、ぜひライブに来て見ていただきたいです。

──春のライブハウスツアーを楽しみにしてます。最後に、「情熱リボルバー」にかけて、それぞれが今、情熱を傾けているものを教えてください。

寺田:花粉対策です! ずっと自分が花粉症だっていうことを認めてこなかったんですけど、もう認めざるを得ないくらいどうしようもなくて。だから、飲み薬でも一番効き目の強い薬をもらい、目薬ももらい、莉世に点鼻薬をもらい。最近は花粉で肌荒れもするようになっちゃったので、花粉をブロックするためのスプレーを吹きかけて、ワセリンを塗って花粉が肌に触れないようにして。さらに、花粉を防御できるファンデーションも買いました。なんとか花粉を乗り越えようと……今、すごい鼻声でお伝えしてます(笑)。

上原:(笑)メンバーが美味しい食べ物や飲み物に詳しくて。スタバの美味しい紅茶のカスタマイズを聞いたんですけど、お店に行けてないので、最近は家でいかに美味しく作れるかにハマってます。美味しい紅茶に、生クリームを足したり。いろいろ研究してます。

松井:私は最近、筋トレにハマっています。ジムに通い始めたんですけど、1ヶ月弱で12回行きました。このペースを今後も続けたいなって思ってて。ライブも多いので、体力作りに情熱を注いでます。

寺田:大事だね。

塩川:プライベートで情熱を注いでるのは家事ですね。

寺田:家事????あれあれあれ〜。

塩川:最近、アオが毎日、家に来るんですよ。ほぼ同棲してるんですけど、ご飯を作ったり、洗濯物を畳んであげたりとかしてて。この子、何もしないんですよ。

寺田:この前、初めて莉世が掃除機をかけてるのを見ました。

塩川:ねぇ! それ、言うのやめようよ(笑)。

寺田:言ったもんね。「え! 莉世が掃除機かけてるよ!」って。

上原:昨日、絨毯も越えられるようなルンバが欲しいって言ってた。

寺田:あははは。でも、確かに最近、頑張ってるね、家事。

塩川:頑張ってるんですよ。でも、やっぱり、私がめちゃくちゃ情熱を注いでいるのは、転校少女*の活動ですね。最近、前にも増して、本当に好きなんですよ。ずっと好きだったんですけど、自分たちの曲は仕事で毎日聴いているし、歌っているので、プライベートでは全然聴かなかったんですけど、最近はアルバムを聴き返してみたり、昔のライブ映像を見たりもしてて。無意識に口ずさんじゃったりするんですよ。好き度が加速してるなって思うし、これからも情熱を注いでいきたいと思います!

取材・文◎永堀アツオ

New Single「情熱リボルバー」

2020年2月26日(水)発売
■TYPE-A(CD+DVD)
CRCP-10439 税込¥3,000
[CD]
1. 情熱リボルバー ※日本テレビ系「バズリズム02」2月エンディングテーマ
2. 情熱リボルバー(instrumental)
[DVD]
2019年11月16日(土)
転校少女* 全国ツアー令和元年 ”The Fifth Autumn Of Love” ファイナル公演
at LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂) 約20曲収録予定

■TYPE-B(CD)
CRCP-10440 税込¥1,000
[CD]
1. 情熱リボルバー
2. Mad Good Love
3. 情熱リボルバー(instrumental)
4. Mad Good Love(instrumental)

■TYPE-C(CD)
CRCP-10441 税込¥1,000
[CD]
1. 情熱リボルバー
2. WOW WOW TRAIN
3. 情熱リボルバー(instrumental)
4. WOW WOW TRAIN(instrumental)

<転校少女* 全国ライブハウスツアー“ライブリボルバー2020”>

2020年
3月28日(土)東京・LIQUIDROOM
4月18日(土)愛知・ell.FITS ALL
4月19日(日)大阪・心斎橋VARON
4月25日(土)山梨・甲府CONVICTION
4月29日(水祝)福岡・Drum Be-1
5月9日(土)東京・Shinjuku BLAZE

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報