ビヨンセ、クリスティーナ、アリシアら、コービー・ブライアント元選手の追悼式でパフォーマンス

ツイート

月曜日(2月24日)、先月26日にヘリコプターの墜落事故により亡くなったコービー・ブライアント・バスケットボール選手の追悼式が、彼のホーム・グラウンドだった米ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開かれた。

◆追悼式の様子

式は、ビヨンセのライブ・パフォーマンスで始まった。彼女は合唱団、オーケストラと共に、ブライアントが大好きだったという「XO」を歌った。ビヨンセはその際、「私はコービーを愛しているから、今ここにいる。そして、これは彼のお気に入りの曲の1つだった。一緒に歌いましょう。愛が聞こえるように大きな声で歌って欲しい」と、話したという。彼女はこの曲のあと「Halo」もパフォーマンスしている。

また、クリスティーナ・アギレラとアリシア・キーズも出演し、クリスティーナは「Ave Maria」を歌い、アリシアは、ブライアントが奥さんのためにピアノを練習し演奏したことがあるというベートーヴェンの「Moonlight Sonata(ピアノソナタ第14番)」をパフォーマンスした。





ビヨンセのパフォーマンス後には、事故で夫だけでなく娘まで喪ったヴァネッサ夫人がステージに上がり、涙ながらに夫と娘の思い出を語り、「彼は私の全てだった」とその死を嘆き悲しんだ。

ロサンゼルス・レイカーズのチーム・メイトだったShaquille O’Neal、ブライアントのヒーローだったマイケル・ジョーダンらも弔辞を述べた。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報