ノエル・ギャラガー、新EPからニュー・シングルをリリース

ツイート
(C) MITCH IKEDA

ノエル・ギャラガーが2月28日、新曲「Come On Outside」をリリースした。3月6日に発表するEP『Blue Moon Rising』から3曲目のシングル・カットとなる。

◆リリック・ビデオ、関連画像

昨年6月に『Black Star Dancing』、9月に『This Is The Place』とリリースしてきたノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのEPシリーズの第3弾である『Blue Moon Rising』には、「Blue Moon Rising」「Wandering Star」「Come On Outside」「Blue Moon Rising (The Reflex Revision)」「Blue Moon Rising (7” Mix)」の5曲が収録される。

ノエルは、「Come On Outside」について、「ソファの裏ひっかき回してたら、こいつを見つけた!! もしかして、オアシスの最後の名作なのか? じゃないかもな」と、コメントしている。

タイトル・ソング「Blue Moon Rising」は、「アビー・ロード・スタジオで、“Black Star Dancing”を作ったのと同じ日に作った」そうで、「すごく良くて、まだプレイしてないうちからライブの定番だと感じた」という。



ノエルは今週火曜日(2月25日)、ミック・フリートウッドが主催しロンドンで開かれたピーター・グリーンのトリビュート公演に出演し、「Sandy Mary」「Love That Burns」「The World Keep On Turning」の3曲をプレイした。この公演は、秋にライブ・アルバムとしてリリースされる。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは、ニューEP『Blue Moon Rising』を発表後、3月終わりに故郷マンチェスターで2公演を開催するほか、ザ・フーのロジャー・ダルトリーが主催するチャリティー・コンサート<Teenage Cancer Trust>でパフォーマンスする。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報