ジョン・ボン・ジョヴィ「ヘンリー王子は“かつてプリンスとして知られたアーティスト”に」

ツイート

ジョン・ボン・ジョヴィは、今週金曜日(2月28日)、英国ロンドン、アビー・ロード・スタジオでヘンリー王子に対面する予定だが、彼が王室を離脱することから、どう呼んだらいいか思案したそうだ。

◆ジョン・ボン・ジョヴィ動画

ミュージシャンのプリンスにちなみ、いい考えが浮かんだという。英国のラジオ番組『The Chris Evans Breakfast Show』にゲスト出演したジョンは、ヘンリー王子との対面が話題に上がると、こう話した。「“どうしよう? 何て呼んだらいいんだ”って考えてたんだ。で、ひらめいた。僕は彼のことを“The Artist Formerly Known As Prince(かつてプリンスとして知られたアーティスト)って呼ぶことにするよ(笑)」

プリンスは90年代、プリンスという名を捨て、アルバム『Love Symbol』でフィーチャーされたシンボルをステージ名にした。これを音声で伝えるのは困難だったため、当時、“元プリンス”や“かつてプリンスとして知られたアーティスト”“ジ・アーティスト”などと呼ばれた。



ジョンは金曜日、負傷/病気の軍人たちを支援するInvictus Games Foundationのために、Invictus Games Choirと共にチャリティー・シングル(ジョン作の「Unbroken」)のレコーディングを行ない、ヘンリー王子が彼らを訪問する。3月に王室を離れる彼にとって最後の公務の1つとなる。

Invictus Games Foundationからの声明では、王子はジョンとシングルやInvictus Gamesの活動について話し、ジョンとChoirのパフォーマンスを見学するとあったが、ジョンは「彼にタンバリンを手渡し、彼がどうするか見てみるつもり」だという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報