さだまさし、46作目となる2年ぶりオリジナルアルバム発売決定

ツイート

さだまさしが、オリジナル作品として通算46作目となる約2年ぶりのオリジナルアルバム「存在理由~Raison d'etre~」をリリースすることを発表。5月20日(水)発売となる。

ニュー・アルバムは表題曲となる「存在理由~Raison d'etre~」をはじめとする新曲の数々、他アーティストへの提供楽曲を今回初セルフカバーしたもの、2007年のクリスマスに放送されたTBS「クリスマスの約束」がきっかけで制作された、小田和正との幻のコラボレーション音源(さだまさし作詞・小田和正作曲・TBS番組共演楽曲「たとえば」)までを収録した、クラシック・童謡・フォークなど様々なテイストの楽曲が詰まったバラエティ溢れる内容となる。

最新アルバムを引っさげての今年の全国コンサートツアー“さだまさし コンサートツアー2020 存在理由~Raison d'etre~”が4月16日(木)千葉県 市原市市民会館よりスタートする。

リリース情報

New Album「存在理由~Raison d'etre~」
2020.5.20 release
VICL-65374 ¥3,500+税  全13曲収録
<収録楽曲>
・存在理由~Raison d'etre~
・残したい花について
・銀河鉄道の夜
・奇跡の人
・桜紅葉
・たとえば w/小田和正(TBS「クリスマスの約束」共演リマスタリング音源)
・ひと粒の麦~Moment~
・柊の花
・さだまさしの名によるワルツ
・おかあさんへ
・漂流
・心かさねて
・ペンギン皆兄弟2020
(曲順未定)

<配信情報>
※New Album「存在理由~Raison d'etre~」はiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサイトおよびストリーミングサービスにて5月20日より配信開始予定。
※対応ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music
この記事をツイート

この記事の関連情報