トニー・アイオミ「エディ・ヴァン・ヘイレンは僕のベストフレンドの1人」

ツイート

トニー・アイオミが、ヴァン・ヘイレン(オープニング・アクトとして参加)とのツアーを振り返り、エドワード・ヴァン・ヘイレンを「僕のベスト・フレンドの1人」と呼んだ。

◆トニー・アイオミ画像

アイオミは、Gibson TVの『Icons』シリーズで、こう語った。「ヴァン・ヘイレンは僕らと8~9ヶ月、ツアーをやった。エディはいま、僕のベストフレンドの1人だ。いまでも連絡を取り合ってる。当時の彼は、よく僕の楽屋へ来て、助言を求めてきた。“これはどうだろう? あれは?”なんてね。彼らにとっては、学びの場だったんだ」

最初はそれを楽しんでいたアイオミだが、ヴァン・ヘイレンが公演で、「僕らから学び、だんだん同じようなアレンジをしてきた」のにイラつくようになったそうだ。そしてある夜、「ヘイ、エディ、明日は僕らの曲でもやるのか?」と嫌味を言ったが、エドワードは「“僕ら、あなた達のことが大好きなんだ”と返してきた」という。その憎めない性格とも相まり、アイオミはエドワードを「彼の演奏法は……、彼は違うものにたどり着いた。彼は素晴らしいスターだ。素晴らしいバンドだ」と称賛した。

一方、同じく一緒にツアーをしたことがあるキッスとは、そこまで親しくならなかったと話している。彼らはいつも公演ではメイキャップをしているため、空港で見かけたとき、誰だかわからなかったとの逸話を明かした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報