ビリー・アイドル、アイドリング禁止キャンペーンの顔に

ツイート

ビリー・アイドルが、米ニューヨークでのアイドリング・ストップ・キャンペーンの顔に選ばれた。

◆キャンペーン関連画像、動画

アイドル(Idol)とアイドル(Idle)をかけ、「ビリーは決してアイドルしない。君らもすべきではない」とのスローガンが作られた。

ビリーは先週(2月27日)、アイドリングの禁止について開かれたビル・デブラシオ市長の記者会見に出席し、「80年代、アメリカに戻ってきたとき、俺がソロ・キャリアを築くのを助けてくれたニューヨークに恩返しがしたかった。このキャンペーンのことを知ったとき、道理にかなってるって思った。面白くもあり、同時に深刻なことだ。エンジンを止めてくれれば、健康が保たれる。俺に健康な肺をくれ」などと話した。







ニューヨークでは、アイドリングに罰金が科せられる。通報者にはそのうちの25%が報奨金として与えられることになり、アイドリング・ストップはますます強化されそうだ。

英国出身のビリー・アイドルは2018年にアメリカの市民権を取得した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報