フェンダー、Telecasterの起源Bradcasterの70周年記念モデルが2020年限定で発売

ツイート

フェンダーがWinter NAMM 2020で発表した「70th Anniversary Broadcaster」がいよいよ登場。3月3日より国内販売が開始される。


1950年に初めて登場したBroadcasterは、後のTelecasterの起源となるモデルで、数奇な運命により少量のみ生産されたフェンダーの最もアイコニックなモデルの一つだ。

2基のピックアップと、ネックにトラスロッドを仕込んだフェンダー初のソリッドボディエレクトリックギターとして登場したBroadcasterは、ポピュラーミュージックのあり方を劇的に変えることとなった。しかし、その登場からわずか数カ月後、商標「Broadkaster」を有するGretsch社から「Broadcaster」という商品名の使用を不可とする一通の電報が届いた。ヘッドストックから「Broadcaster」という商品名を取り除いたギターは「Nocaster」という愛称で知られるようになり、さらなる時を経て「Telecaster」と改名された。こうした歴史の中でオリジナルのBroadcasterはわずか250本のみ生産されただけで、今となっては非常にレアなコレクターズアイテムとして認識されている。


そして登場から70年を経た2020年、Broadcasterが期間限定で復刻。ブロンドラッカーフィニッシュのアッシュボディにフェノール樹脂製ブラックガード、厚めのUネックシェイプ、Fender Custom Shopによって設計されたオリジナルBlackguardピックアップ、スペシャルネックプレートなど、当時のスペックを忠実に再現しつつも随所に70周年を記念するフィーチャーを散りばめている。

ワイヤリングは通常のTelecasterと同等の操作を可能にしつつ、当時のユニークなブレンドサーキットを再現するBroadcasterワイヤリングキット(15K抵抗、および配線図)を付属。このキットをギターに導入してより本格的なサウンドを楽しむことも可能だ。また、ケースはヴィンテージツイードケースが付属する。なお、本モデルは2020年限定での生産となる。


▲1ピースメイプル(グロスニトロセルロースラッカーフィニッシュ)のネックは’50 Broadcaster Uシェイプ、21フレット。ヴィンテージスタイルのチューニングマシンを搭載。

製品情報

◆70th Anniversary Broadcaster, Maple Fingerboard, Blackguard Blonde
価格:270,000円(税別)
発売日:2020年3月3日

製品情報

関連画像&映像

◆FENDER 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報