プロディジー、キース・フリントの一周忌を追悼

ツイート

3月4日、ザ・プロディジーのフロントマンだったキース・フリントが亡くなってから1年が経ち、バンド・メイトがあらためて彼へ追悼の言葉を贈った。

◆ザ・プロディジーのメッセージ

リアム・ハウレットとマキシムはこの日、様々なシチュエーションで撮影されたキースの写真5枚をインスタグラムに投稿し、「君が俺らのもとを去ってから1年が経った。毎日、君のことを恋しく思ってるぜ。君は強烈な光を発してる。君はこの先ずっと俺らとともにある。なぜなら、知ってるだろ─WE LIVE FOREVER…だからだ! Stay Punk ブラザー、永遠に俺らの心の中に リアム&マキシム x #theprodigy #raisetheroof #weliveforever」とのメッセージを残した。



フリントは2019年3月4日朝、英国エセックス州にある自宅で亡くなっているのが発見された。49歳だった。ハウレットは訃報が流れた直後、「ニュースは本当だ。自分がこう言っているのが信じられないが、俺らのブラザー、キースは週末、自らの命を絶った。俺はものすごくショックで、怒っており、混乱し、心が引き裂かれている……r.i.p. ブラザー」との声明を出していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報