ブリトニー・スピアーズの13歳の息子、インスタグラムのフォロワー増えたら「すべてを話す」

ツイート

ブリトニー・スピアーズの次男ジェイデン君が、インスタグラム・ライブで祖父を非難したり、音楽面での母の将来について語り、波紋を呼んだ。

◆ブリトニー・スピアーズ画像

『Page Six』によると、ジェイデン君は火曜日(3月3日)、インスタグラム・ライブにて、祖父について「すごいバカ、すごいやな奴。死んでもいい」と不満をぶちまけ、1ユーザーからの「祖父を殺せ」とのコメントに「僕も同じこと考えてた」と応じたそうだ。

また、母ブリトニーの新曲について問われると、「一度彼女に聞いたら、“わからないわ、止めるかも”って言ってた」などと答えたという。祖母や父、ブリトニーのボーイフレンドについても言及(3人のことは称賛)し、母と祖父の関係について触れるなど、家族について赤裸々に話した。さらには、インスタグラムのフォロワーが5,000人を超えたら、「すべてを話す」とも発言したそうだ。このIGライブはすでに削除されている。

息子の言動に対し、父であるケヴィン・フェダーラインは代理人を通じ、懸念していることを表明した。また、関係者は、「ジェイデンは子供で、ティーンエイジャーがいかにもやりそうなことをしてる。彼はそこから学ぶだろう。彼はことの重大さを理解していない。いま実感していることを願うばかりだ。家族が有名である場合、何をシェアでき何ができないかは、一般の人とはまるで違う」と、『E! News』にコメントしている。

現時点、ブリトニー側から声明はなされていない。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報