八村塁×KEN THE 390、バスケのプレー音でビートを奏でるMV風動画

ツイート

八村塁とKEN THE 390の出演する株式会社マキタのWEB動画『八村ラップ』篇が、本日3月6日(金)に特設サイトおよびマキタ公式YouTubeチャンネル「Makita Products」にて公開された。

◆『八村ラップ』篇 動画

八村は2020年3月よりマキタのイメージキャラクターに就任。今回のWEB動画は彼を起用したオリジナルコンテンツの第1弾として制作されたもので、マキタの充電式ラジオ付テレビ「TV100」を紹介している。

映像はミュージックビデオ風の作りとなっており、八村はKEN THE 390が書き下ろしたオリジナル楽曲にあわせてバスケットボールを操り、ドリブル音やプレー音を鳴らす。フリースタイルバスケのダンスのような動きや、2個のボールを使ったドリブルなど、通常の試合では見ることのできない八村のスキルとセンスに注目だ。さらに八村は、ラップにも初挑戦した。


■八村塁&KEN THE 390 インタビュー

──ラップとコラボしてバスケをするのは初の体験だったと思いますが 、 感想を教えて下さい。

八村:バスケットボール自体、音楽やファッションなどいろんな文化が混ざって成り立つスポーツで、僕自身も日本人として初めてNBAでプレーしています。今回日本人のラッパーさんが僕の音楽を作ってくれることは僕としてもすごくうれしいですし、それを見た子ども達がバスケや音楽やファッションなどにどんどん興味をもっていくので良いことだと思います。

──初めてラップをしてみての感想を教えてください。

八村:楽しかったです。僕もそういう機会はないので、良いとことを見せようと思っていろいろやったんですけど、どうでしたか?

KEN THE 390:最高でした!

八村:良かったと思います。楽しかったです。

──八村選手とコラボした感想は?

KEN THE 390:大活躍している選手ですし、日本のラッパーも好きな人が多くて、みんな試合を見るために朝起きてるんです。八村選手の今までの活躍や最近のインタビューを踏まえて歌詞を書いたんですが、とても良い経験させてもらったと思いますし、その音に合わせてプレーしている所を見たのは感動的でした。

──持ち運びできてどこでも見られるのが特徴のTV100ですが、どのようなシーンで使いたいですか?

八村:持ち運びもすごい便利なので、僕の場合は体育館で自分のプレーを見たり、相手のチームのプレーを見たりなど練習で使いたいですし、防水機能もついてるので、持ち運んで外でも使いたいです。

KEN THE 390:僕らは常に音楽が欠かせないので、友達みんなでBBQとかキャンプとかで映像付きの音楽をならしたり、みんなで楽しむ所に一個あれば、すごい楽しいなと思います。

──今後何か挑戦したいことはありますか?

八村:せっかくマキタさんもスポンサーについて頂いたので、マキタの商品である草刈り機とかドリルでおばあちゃんの家のお庭の手伝いを出来たらいいなと思います。今までそういうことをやったことないので。

──八村選手オリジナルの楽曲を制作するにあたって、こだわったことは何ですか?

KEN THE 390:今回はバスケットボールの音を使ってラップをするという事だったので、 シンプルな分、難しかったです。音数も多くない限られた中で躍動感を出す為に、ラップのフローも一辺倒にならないよう、また、いろんなパターンで聞かせられるよう自分の持てるものを全て出して制作しました。内容は、大活躍中の八村選手なので言いたいことがたくさんありましたが、ラップに合うよううまく言葉をチョイスしていきました。こういう形で関われたことは本当にうれしいです。中学校がバスケ部だった自分からしたらすごい選手ですし、今の自分の専門分野のラップで関われたので、めちゃめちゃ気合いを入れてやりました。

■WEB動画詳細

タイトル:『八村ラップ』篇
公開:2020年3月6日(金)
出演:八村塁、KEN THE 390
楽曲:「HACHIMURAP」
特設サイト:https://makita8.com/
この記事をツイート

この記事の関連情報