YOSHIKI、「きらきら星」を弾いてUFOにさらわれる

ツイート

YOSHIKIが登場するアサヒ飲料株式会社「『ワンダ』X-BITTER」ブラックの新テレビCM「意外な演奏」編が、 3月10日より全国で放映開始する。

◆CM動画

「『ワンダ』X-BITTER」ブラックが“気分の切り替え”におすすめの商品であることを訴求するために制作された今回のCMでは、YOSHIKIが本商品を飲んで気分を切り替え、真剣に「きらきら星」を演奏。そして、その音に心を奪われたUFOにピアノもろとも連れ去られていく……という内容になっている。


CMで披露された「きらきら星」のアレンジには、YOSHIKIも参加した。本番用の譜面はYOSHIKI自身も難易度が高いと感じるほどの仕上がりになっていたそう。そこからYOSIHKIは現場でさらなるアレンジを加え、練習のため1人スタジオにこもり、カメラが回る前のほんのわずかな時間も鍵盤の上で指を動かすなど準備に余念がなかったという。だが本番では「難しい......」とぽつり。

撮影後は手の動きや演奏している自身の姿をプレビューで何度も確認し、監督と意見交換。監督から「OK」の 声が出てもなお、「もう一度いいですか?」と納得するまで演奏を続けたそうだ。

CMの放映開始と同時にアサヒ飲料公式YouTubeチャンネルでは、YOSIHKIのコーヒーへのこだわりなどを言及したインタビューを含む、CMメイキング映像も公開される。


YOSHIKI インタビュー

──一番印象に残っているシーン、特にここは観てほしい、というシーンについて教えてください。

最後のシーンで空を飛んでいくところですね。UFO にピアノごと連れて行かれているシーンが、とてもおもしろくて印象に残りました。すごく簡単なピアノ演奏から始まるんですが、急に演奏の難易度が上がって難しくなる部分はぜひ見てほしいです。

──今回のCM撮影に向けて準備したことは?

「きらきら星」を研究しました。みんなが知っているこの曲をどういうふうにおもしろくできるのかなと。モーツァル トのアレンジについても研究しましたね。

──ちなみにどんな時にコーヒーを飲みますか?

缶コーヒーって、おいしいじゃないですか。特に日本のものって何もかもおいしいじゃないですか(笑)。朝が多いですが、コーヒーブレイクのタイミングや夜飲むこともありますね。あとは、やっぱり集中したい時や、これから何かに向かうぞ、みたいな時は必ず飲みます。

──日常で集中したい時はどういう時になりますか?

やはり、作曲の時ですね。無からすべてのものを生み出す作業なので、すごく集中力が必要なので。僕は作曲する時、楽器をほとんど使いません。ただひたすら白紙の譜面に音符を書いていく作業をするので、1時間だったり2時間だったり集中していると、気づいたら半日経っていた、ということもありますね。

CM概要

タイトル:「『ワンダ』X-BITTER」ブラック「意外な演奏」編(15秒)
出演者 : YOSHIKI
放映開始日:2020年3月10日(火)
放送地域:全国

◆YOSHIKI オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報