クイーン、豪慈善公演での“ライブ・エイド再現パフォーマンス”映像をフル公開

ツイート

クイーン+アダム・ランバートが、オーストラリアで発生した大型森林火災を救援するため先月16日シドニーで開かれた慈善公演<FIRE FIGHT AUSTRALIA>でのライブ映像を公開した。

◆クイーン+アダム・ランバート動画、画像

彼らはここで、1985年に開催された<Live Aid>でのセットリストを再現し、「Bohemian Rhapsody」「Radio Gaga」「Hammer To Fall」「Crazy Little Thing Called Love」「We Will Rock You」「We Are The Champions」をプレイした。また途中で、<Live Aid>でフレディー・マーキュリーが「Ay-Oh」を歌う映像を流している。

バンドは3月6日、このライブ映像を惜しむことなく全て(26分間)公開した。





ブライアン・メイは公演後、「今夜のFire Fight Australia。素晴らしかった。こんな想いはLive Aid以来だと思う」と、コメントしていた。同公演には彼らほか、アリス・クーパー、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、k.d.ラング、ローナン・キーティング、デルタ・グッドレムらが出演した。

クイーン+アダム・ランバートは先月、オーストラリア・ツアーを終え、5月終わりからヨーロッパ・ツアーを開催するが、新型コロナウイルスの感染拡大により、フランス政府が5月31日まで5,000人以上(現在は1,000人以上まで厳格化)が集まる室内イベントの開催を禁じたのを受け、5月26日に予定していたパリ公演を延期した。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報