デフ・レパード「初歩的ではあるが、もうじき曲作りを始める」

ツイート
Photo by Kevin Nixon

本格的に制作を開始するのは2021年になりそうだというが、デフ・レパードは間もなく、ニュー・アルバムに向け曲作りの準備に取り掛かるという。

◆デフ・レパード画像

ヴィヴィアン・キャンベルは、ニューヨークのQ105.7ラジオ局のインタビューで、新作について問われると、こう答えた。「ジョー(・エリオット)とフィル(・コリン)、サヴ(リック・サヴェージ)がもうじき集まって、何かやり始めるんだと思うよ。残念ながら、僕はラスト・イン・ラインの公演があるからダメなんだ。でも、初歩的なライティング・セッションだ」

「ジョーはいつも曲を作ってる。実際のところ、このバンドの全員がいつも曲を作ってる。だから、僕らは常にポケットに何かを忍ばせてるわけだ。とは言っても、まだ本当に初期の段階で、デフ・レパードのアルバムが完成するにはいつも時間がかかる。これからツアーのリハーサルを始めるけど、そこでアイディアを交換し、スケジュールについて話すんじゃないかな。現実的に言って、制作を開始するのは来年になるだろう」

デフ・レパードは、年内はツアーに忙しく、スタジオ入りはままならない。5月1日にメキシコで開かれるフェスティバルに出演し、6月中旬からモトリー・クルー、ポイズン、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツとの北米スタジアム・ツアーを開催する。今年はそれだけに終わらず、9月5日に<ザ・スタジアム・ツアー>が閉幕後、同月21日からZZトップとのジョイント・ツアーを行なう。

デフ・レパードのスタジオ・アルバムは、2015年発表の『Def Leppard』以来となる。その前作『Songs From The Sparkle Lounge』から『Def Leppard』までには7年半が開いた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報