【インタビュー】智×海(vistlip)、昔と今を繋げる初期衝動

ツイート

■自分たちの音楽も過去のテイストがいまと繋がって1つになる

──長年のつきあいだからこそですよ。今作では4人それぞれが作曲してますが、「こんな曲が生まれたのか?」と思った曲は?

海:Tohyaの作った「Atelier」ですね。Tohyaが作る曲はメロディやコードや展開が複雑なんだけど、この曲はすごくストレートでいい意味でシンプル。曲出しの前に聴かせてもらって「これ、すごくいいね。久しぶりにTohyaが勢いで作ってる気がする」って。

──そこも初期衝動を意識したんでしょうかね?

智:思い出したんじゃない? イントロは子どもの頃に作ったって言ってましたし。

海:バンドやる前の10代に作ったらしいですね。

──確かにTohyaくんが作った曲はコーラスが印象的な「GPS」もふくめて、
ポップだなと感じました。瑠伊さんは悩んだ末に「ミミックの残骸」を作ったんですか?

智:「ミミックの残骸」は最初、もっとテンポが早かったんですけど、僕の提案でバラードにしてもらって。

海:疾走感あったもんね。

智:そう。でも、バラードのほうが瑠伊っぽいかなって。

──ピアノがフィーチャリングされていてお洒落でジャジーですよね。

智:最初からピアノは入ってたんですけど、バラードに合うように入れ直したんです。ピアノがいちばん目立つ曲にしたくて。

──似てきてしまった2人のことを歌っていますが、メンバーとの関係を歌ったようにも思えました。

智:(笑)。今回は全体的にラブソングを書きたかったんですよ。歌詞を書き始めたころはラブソングばっかりだったので、自分も昔のテイストということでそうしたいなと思って。
1
海:自分でラブソング縛りにしてましたからね。正直、曲たちを聴いて「こういう曲をラブソングにするってなかなかだな」と思いましたけど(笑)。

──じゃあ、「DANCE IN THE DARK」もラブソングなんですか?

智:「DANCE IN THE DARK」は音楽に対する愛になっちゃうかもしれないですけどね。対世界のことを歌っているので。

──なるほど。「四季彩」はvistlip以前にやっていた曲だとか?

智:Yuhと組んでた前のバンド(Jessica)に「四季彩」という曲があって、こういう和の曲調だったんですよ。当時のYuhは日本的なロックをよく作っていたので、今の自分たちが描く「四季彩」を作ってみたくて同じタイトルにしちゃったんです。

──ということは歌詞もメロディも当時とは違うんですか?

智:全く違います。

海:こういうタイプの曲を昔、作ってたよっていう。ぜひ聴き比べてほしいんですけど、たぶん音源がないので。

智:YouTubeでは見られるんじゃない? 歌詞は前は女性目線だったので男性目線で同じ情景を描こうかなと。言葉は引用したりしてますね。

──古語も多く、いまの歌詞のテイストとは全然、違いますものね。

智:そうですね。昔は平気でカタカナとか混ぜちゃってたんですよ。当時の歌詞を見て詰めの甘い自分を修正しました。

海:この曲がキッカケでJessica聴こうと思って、家のCD整理して引っ張り出しましたもん。

智:あるんだ? 俺も持ってないのに(笑)。

海:どこかのライブでBGMで流そうかな?

智:やめろ(笑)。


──ははは。アーティスト写真やジャケットのアートワークについても聞きたいんですが、海さんが見た目、いちばん変化していますよね。

海:毛(エクステンション)がつきましたからね。基本的に俺は衣装では派手な服は着ないんですよ。自分で言うのもなんですけど、存在感がやかましいので避けてたんです(笑)。でも、1stミニアルバム『Revolver』(2008年)の頃のマインドに戻そうと思って。当時、いちばん念頭に置いていたのって悪そうに見えることだったんですよ。

──いかにも悪そうでしたもんね(笑)。

海:そう。全員タチが悪そうというか(笑)。でも、30過ぎて不良少年もねーかなと思って、マフィアとかそういう方向かなと思ったんです。なので、新しいものと昔に通じるものを混ぜた感じですね。みんなの衣装を考えている過程で俺が黒を着たらあんまり最近と変わらなねーなと思っていたときに見つけたのが赤のジャケット。瑠伊は自分から「こういうのを着たい」って提案してくるから「じゃあ、こういうのは?」って話し合って。

──どのあたりに昔の要素が入っているんですか?

海:ちょっとしたサイジングだったりシルエットだったり。智は昔、よく首にものを巻いてたから毛皮のファーのストールにして。

──そもそも、ストリートとヴィジュアル系が混ざったようなファッションのバンドでしたものね。

海:そうなんですよ。ストリートの悪そうな少年が大人になったらホントに悪いヤツになるイメージです。

智:(笑)。

海:ファンに『龍が如く』に出てきそうですねって言われて、理想ではあったんですが、複雑な気持ちです(笑)。

▲【PREMIUM EDITION】盤 ジャケット

▲【LIMITED EDITION】盤 ジャケット

──ジャケットも不思議ですけど、初期と関係あるんですか?

海:【vister】盤と【lipper盤】に関しては初期を意識しているわけではなく、これ全体が木の根っこなんですよ。普通、根があって木に葉がついて花が咲いて実がなるんですけど、根っこに葉がついて花が咲いているっていうイメージ。今作でやろうとしたのは根っこを掘って持ってくるわけではなく、いまのvistlipで根っこに葉をつけて実をつけることだったからなんですけど。あとは幾何学模様を入れたかったのでひし形の色を作曲陣4人のメンバーカラーにして、智のカラーは赤なので、赤い線が地面を表しているんです。深く知ってる人が「ああ〜」って思って、知らない人もカッコいいと思えるジャケットにしたくて。

──作品の内容とリンクしているんですね。

海:【PREMIUM EDITION】と【LIMITED EDITION】を白黒にしたのはアルバム『THEATER』(2009年)を作ったときに「バンドのイメージを限定したくないな」って言ってたことを思い出して、当時に通じる配置にしました。でも、なにか色が欲しかったので自分の中で完璧なデザインだと思っている色校正(※印刷での色味を確認するための試し刷り用紙)に入っている帯をメンバーカラーで入れてもらって。

智:いつのまにかメンバーカラー大事にするようになったよね。自然と自分の色を選ぶようになって、瑠伊も黄色のファッションアイテムを買ってきたりするんですよ(笑)。

▲【vister】盤 ジャケット

▲【lipper】盤 ジャケット

──そういえば、なぜ『No.9』というタイトルにしたんですか?

智:タイトルはなかなか決まらなくて、急かされていたときにふと浮かびましたね。『DANCE IN THE DARK』で終末論として(ベートーベンの)「第九」のテイストを取り入れたんですけど「歓喜の歌」って完結にいうと「ひとつになろうよ」って意味あいだと思うんですよ。自分たちの音楽も過去のテイストがいまと繋がって1つになるっていう目的で作ったから『No.9 』にしようかなって。
──いいタイトルを思いつきましたね。

海:「すげえな」と思った。

智:こんなタイトルつける日が来ると思わなかったけどね。

海:9枚目でもなんでもないのにね(笑)。

──最後にツアーについて教えてください。タイトルが<Good Vibes CIRCUIT ZERO> で“ゼロ”じゃないですか?

智:これは『ストリートファイター』のシリーズからとってるだけだから(笑)。

海:ナンバリングを使ってるだけなので。

──初期衝動と関係があるのかなと?

海:たまたまなんですよ。

智:ピッタリ合っちゃって。

海:“ZERO”シリーズは3まであるんです。

智:でも、<Good Vibes CIRCUIT> はそもそも小さいライブハウスでツアーする趣旨で始まったのにいつの間にか規模が大きくなっちゃったのでそういう意味ではね。

海:最初のスタンスに戻そうっていうことでもある。そしたら当初より小さいハコもあってチケットとるのが大変みたいで。

智:ファンが萎えてたね(笑)。ツアーが終わったあとは7月7日、七夕の周年ライブに向かう感じですね。今年は13周年なので“13”にかけて、いままでvistlipがやったことがないハロウィンライブというか、ホラーショー的なものにしようかなと思っているので、ぜひ遊びに来てほしいですね。

取材・文◎山本弘子



■vistlipサイン入りツアーパンフレット プレゼントキャンペーン概要

【応募資格】
・日本国内にお住まいの方
・Twitterアカウントをお持ちの方
・BARKS編集部 Twitterアカウントをフォローしていただける方(既にフォローしていただいている方も含みます)
・BARKS編集部 Twitterアカウントから投稿される応募用のツイートをキャンペーン期間内にリツイートした方
※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態で参加ください。アカウントが非公開の場合は参加とみなされません。
※ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、参加とみなされません。

【賞品名・当選人数】
賞品:vistlipサイン入りツアーパンフレット
当選人数:計1名様

【応募方法】
1. BARKS編集部 Twitterアカウント「@barks_news」をフォローしてください。
2. BARKS編集部 Twitterアカウントから下記キャンペーン期間中に投稿されるキャンペーン応募用の投稿をリツイートしてください。
3. キャンペーン応募用の投稿に、賞品ご希望のバンド名をリプライください。
4.上記で応募は完了となります。
※フォローを外すと応募権利がなくなりますのでご注意下さい。

【応募期間】
2020年4月10日(金)23:59まで

【当選発表】
Twitter DMにて当選のご連絡と専用フォームのURLをお送り致します。
専用フォームで必要事項を入力ください。

【ご注意事項】
転売(不特定多数への転売、オークションなどを含む)目的でのご応募は、ご遠慮願います。

【個人情報取扱い】
お客様からいただいた個人情報は、賞品の発送及び、サービスの開発や、個人を特定しない統計資料、当該プレゼント/モニタにおける商品の発送、 及びそれにまつわるサポートのために利用いたします。
上記以外の目的で個人情報を利用する場合は、予めその目的を明示し、お客様の同意を頂いた場合のみ、個人情報 を利用いたします。
詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。


『No.9』

2020年2月26日リリース

【PREMIUM EDITION】 CD+DVD
MJSA1286〜7 ¥7,200+税
[CD]
1.GPS
2.DANCE IN THE DARK
3.J's Melancholy
4.ミミックの残骸
5.Atelier
6.四季彩
[DVD]
2019.11.1 LIVE at マイナビBLITZ赤坂全曲

※初回封入特典
・トレーディングカード(ランダム封入)

【LIMITED EDITION】 CD+DVD
MJSA1288〜9 ¥3,300+税
[CD]
1.GPS
2.DANCE IN THE DARK
3.J's Melancholy
4.ミミックの残骸
5.Atelier
6.四季彩
[DVD]
ROUGH the vistlip(全力大好きvistlip)

※初回封入特典
・トレーディングカード(ランダム封入)

【vister】 CD+DVD
MJSA1290〜1 ¥3,300+税
[CD]
1.GPS
2.DANCE IN THE DARK
3.J's Melancholy
4.ミミックの残骸
5.Atelier
6.四季彩
[DVD]
1.「DANCE IN THE DARK」Music Videobr>2.メイキング動画

※初回封入特典
・トレーディングカード(ランダム封入)

【lipper】CD
MJSA1292 ¥2,500+税
[CD]
1.GPS
2.DANCE IN THE DARK
3.J's Melancholy
4.ミミックの残骸
5.Atelier
6.四季彩
7.RADIO the vistlip [No.9 EDITION]
※初回封入特典
・トレーディングカード(ランダム封入)

<Good vibes CIRCUIT ZERO>

2020年3月28日(土)LIVE HOUSE Queblick Fukuoka
2020年3月29日(日)鹿児島SR HALL
2020年3月31日(火)長崎ホンダ楽器・アストロスペース
2020年4月9日(木)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
2020年4月11日(土)金沢AZ
2020年4月12日(日)長野LIVE HOUSE J
2020年4月17日(金)mito LIGHT HOUSE
2020年4月19日(日)越谷EASYGOINGS
2020年4月24日(金)仙台CLUB JUNK BOX
2020年4月25日(土)盛岡Club Change WAVE
2020年4月29日(水・祝)広島CAVE-BE
2020年4月30日(木)岡山CRAZYMAMA 2ndRoom
2020年5月4日(月・祝)神戸VARIT.
2020年5月5日(火・祝)ESAKA MUSE
2020年5月6日(水・祝)KYOTO MUSE
2020年5月9日(土)札幌SOUND CRUE
2020年5月15日(金)名古屋SPADE BOX
2020年5月16日(土)静岡SUNASH
2020年5月22日(金)新横浜NEW SIDE BEACH!!

◆vistlip オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報