増田貴久、ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」で主演

ツイート

NEWSの増田貴久がミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』で主演を務めることが決定した。

『ハウ・トゥー・サクシード』は1961年にブロードウェイで初演され、以降1417回のロングランヒットという記録を打ち立てたウェルメイド・コメディのミュージカル。1962年にはトニー賞最優秀 ミュージカル作品賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、製作者賞、演出賞、指揮・音楽監督賞の7冠を達成している作品だ。

今回の上演は2011年にダニエル・ラドクリフ主演でリバイバル上演された際の振付補として参加していたクリス・ベイリーが振付・演出を担当。出世街道をひた走る若者の物語に相応しい、ポップで力強い楽曲と、洗練された笑いがふんだんに盛り込まれたテンポ良いセリフ回し、スタイリッシュなダンスで新たにミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』が蘇る。

増田貴久は本作が初の海外ミュージカルへの挑戦となる。増田貴久、クリス・ベイリーからは下記のコメントが届いている。

コメント

■増田貴久
今回、海外ミュージカルに初挑戦します。ミュージカルをやりたいという想いは以前からずっと心にあり、夢の一つでもあったので、このお話を聞いた時は飛び上がって喜びました。夢に一歩近づいたようで、嬉しく思います。ダンスも素晴らしいですし、面白いシーンがテンポ良くどんどん出てくるので、一瞬も目の離せない作品になると思います。演出家のクリス・ベイリーさんにもお会いして、実際に僕がダンスを踊っているところを見ていただいたのですが、人生で一番汗をかいた瞬間だったかもしれません(笑)。とても緊張しましたが、優しい印象の方で、『一緒に作品作りできるのが嬉しい』と言ってくださいました。楽しい現場になると思います。準備を整えて万全な状態で挑みたい、と思っています。是非、劇場へ遊びに来てください。

■クリス・ベイリー
今秋、日本で上演される『ハウ・トゥー・サクシード』にて、才能豊かな増田貴久くんによって演じられるフィンチという大変アイコニックな役を、日本のみなさんに楽しんでいただくことをとても楽しみにしています。
これまでに演じてきたロバート・モースやマシュー・ブロデリック、最近ではダニエル・ラドクリフなどの名だたる役者に続きこの役を演じる増田くんには、自分なりのユニークな役作りをしてもらえると期待しています。
このミュージカルはトニー賞やピューリッツァー賞なども獲得した作品で、アメリカのミュージカルシアター界を代表する作品とも言えます。今回、増田くんのような多彩な才能をもつスターとともに制作に関われることをとても嬉しく思っています。日本の皆様には大変楽しんでいただけると確信しています。

公演概要

公演タイトル:ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』

日程・会場:
2020年9月 東京・東急シアターオーブ
2020年10月 大阪・オリックス劇場

脚本:エイブ・バローズ、ジャック・ウェインストック、ウィリー・ギルバート
作詞・作曲:フランク・レッサー
原作:シェパード・ミード

演出・振付:クリス・ベイリー
翻訳・訳詞:高橋亜子
音楽監督:荻野清子

主演:増田貴久

公式サイトURL:https://howtosucceed.jp

チケット一般発売2020年6月予定

東京公演主催:東京グローブ座 フジテレビジョン シーエイティプロデュース
大阪公演主催:東京グローブ座 関西テレビ放送 シーエイティプロデュース

企画:シーエイティプロデュース 
製作:シーエイティプロデュース フジテレビジョン


あらすじ
ビルの窓ふき清掃員フィンチ(増田)は、ある日「努力しないで出世する方法」という本を読んで感化され、出世を強く意識するようになる。“入るべきは大きい会社”という本の教えに沿って、ワールドワイド・ウィケット社に首尾よく入社したフィンチは、郵便係に配属され、懸命に働くうちに郵便室長に昇進するチャンスがやってきた。しかし、フィンチはあっさり辞退する。実はこれも、“郵便室は長くいる場所ではない”という本の教えに沿った行動だったのだが、思慮深さゆえ、と捉えた人事部は、なんとフィンチを若手幹部に登用。持ち前の明るさと話術で人脈を築き、出世はトントン拍子、恋も上手く運んで全てが順調…だったある日、重大なアクシデントが発生。フィンチの責任が問われてしまい、クビを覚悟しなければいけない事態に。果たして、フィンチの幸運もこれまでなのか…!?

◆ミュージカル『ハウ・トゥー・サクシード』公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報