ドナルド・グローヴァー、ニュー・アルバムを公開も12時間後に削除

ツイート

ドナルド・グローヴァー(本人だと思われる)が日曜日(3月15日)、12曲収録されたニュー・アルバムを特設サイトDonaldgloverpresents.comでストリーミングできるようにしたが、およそ12時間後、何の説明もないまま、そのオーディオ全てが削除されたそうだ。

◆関連画像

アリアナ・グランデや21 Savage、SZAのヴォーカル、グローヴァーと子供たちの間で交わされた会話などがフィーチャーされた曲があったという。タイトル等の詳細は出なかったそうだ。『Vulture』は、12曲の中には、2018年のツアーで初パフォーマンスした「Feels Like Summer」「Algorythm」などがあったと伝えている。

現在も特設サイトは存在するものの、白地に「DONALD GLOVER PRESENTS」との文字があるだけ。アルバムは近い将来、正式にリリースされるのではないかと期待されている。また、チャイルディッシュ・ガンビーノというアルター・エゴはもう使用されないとの噂もある。



グローヴァーはこれまでに、チャイルディッシュ・ガンビーノ名義で『Camp』(2011年)、『Because The Internet』(2013年)、『"Awaken, My Love!"』(2016年)と3枚のアルバムを発表し、アルバムには収録していないシングル「This Is America」(2018年)でグラミー4部門を受賞した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報