ザ・ローリング・ストーンズ、北米ツアーを延期

ツイート
(C)Kevin Westenberg

ザ・ローリング・ストーンズが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月にスタート予定だった北米ツアーを延期すると発表した。

◆関連画像

2020年の北米ツアーは5月8日から7月9日までに15公演開催するはずだった。先が読めないいま、開始を遅らせたり、一部ではなく、全ての公演に変更が生じるという。新たな日程は今後、告知される。

ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロニー・ウッドの4人は、「ツアーを延期せざるを得ず、非常に落胆している。僕ら同様、楽しみにしていたファンに申し訳なく思う。しかし、みんなの健康と安全を優先しなくてはならない。一緒にこれを乗り越えよう。またすぐに会える」と、コメントしている。



ザ・ローリング・ストーンズのツアーのプロモーターAEG Presentsは先週初め、少なくとも3月末までの大規模なイベントを中止/延期すると発表した。現時点、オフィシャル・サイトには「全てを無期延期」と記されている。それぞれの地域の保健所の助言に従い、振り替え日を決めていくという。

AEGが主催するエルトン・ジョンの北米ツアーも3月26日~5月2日までの19公演が延期された。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報