カントリー・ミュージックのレジェンド、ケニー・ロジャース、死去

ツイート

カントリー音楽のレジェンドでアメリカの国民的スター、ケニー・ロジャースが3月20日、81歳で亡くなった。

◆ケニー・ロジャース画像

ロジャースの家族は、「悲しいことに、ケニー・ロジャースが昨晩、午後10時25分に81歳でこの世を去ったとお伝えしなくてはなりません。ホスピスケアのもと、老衰により、自宅で家族に囲まれる中安らかに息を引き取りました」との声明を出した。

50年代後半から音楽活動を始めたロジャースは、ロック、ジャズなどの過程を経て、彼独自のカントリーとポップをクロスオーバーしたサウンドを確立。「Lucille」「She Believes In Me」「Coward Of The County」「Lady」「I Don’t Need You」「Islands In The Stream」など多くのヒットを生み、3度グラミーに輝いた。俳優としても活躍し、アメリカを代表するスターの1人だった。

「Islands In The Stream」でコラボし、ロジャースの良き友人だったドリー・パートンは、「心が張り裂ける」との追悼の言葉を寄せている。「朝起きて、コロナウイルスがどうなってるか見ようとTVをつけたら、私の友人で歌唱パートナーのケニー・ロジャースが亡くなったとのニュースが流れ、信じられなかった」

「私は心の底からケニーを愛してる。私の心は引き裂かれ、その大部分を今日、彼と共に失ってしまった。I will always love youと言うのは、彼の家族、友人、ファンたちを代弁していると思う。ケニー、高く飛び立ち、まっしぐらに神の腕の中へ」

合掌。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報