ヨーロッパ・ツアーを終えたテスタメント、フロントマンとクルーがコロナ陽性に

ツイート

3月10日に<Bay Strikes Back 2020>ヨーロッパ・ツアーを終えたテスタメントが、体調不良により新型コロナウイルスの検査を受けたところ、フロントマンのチャック・ビリーとクルー数人に陽性の結果が出たという。

◆関連画像

バンドは週末(3月22日)、「COVID-19公式声明」と題し、こう報告した。「君らの多くがすでに知っているとおり、先週、BAY STRIKES BACKヨーロッパ・ツアーから戻った後、テスタメントの中の数人の具合が良くなく、COVID-19、新型コロナウイルスの検査を受けることを医師と共に決めた。昨日の朝の時点で、チャック&ティファニー・ビリーおよびクルーの数人に陽性との結果がもたらされた」

メンバーたちとクルーは、帰国後、検査を受ける前から自己隔離していたと言い、しばらくそれを続けるそうだ。「俺らはもちろん、家族や友人、クルー、ミュージシャン仲間、ファンらのことを心配している。Bay Areaバンドたちに支援を表明し、自己隔離と安全を呼びかけている」という。



テスタメントは2月6日より、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ドイツ、スイス、スペイン、フランス、英国などで26公演を開催した。ツアーにはエクソダスとデス・エンジェルが参加していた。

エクソダスのギタリスト、ゲイリー・ホルトは先週終わり、デス・エンジェルのドラマー、ウィル・キャロルが集中治療室に入るほど具合が良くなく、自分たちの何人かは新型コロナウイルスの検査結果を待っているところだと明かしていた。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報