デイヴィッド・カヴァデール、ヘルニアの手術によりホワイトスネイクのツアーを中止

ツイート

デイヴィッド・カヴァデールは、鼠径ヘルニアの手術を受けなくてはならないため、ヨーロッパ、英国、アメリカでこの先予定していたツアーの全日程をキャンセルすると発表した。

◆ホワイトスネイク 関連画像

ホワイトスネイクは、5~6月にフォリナー、ヨーロッパとUK/ヨーロッパ・ツアーを、その後、7~9月にサミー・ヘイガー&ザ・サークルと北米ツアーを開催するはずだった。

カヴァデールは月曜日(3月23日)、非常に残念ではあるが「健康上の問題、とくに両側鼠径ヘルニアの手術が必要となり、ヨーロッパ、UK&USでのツアー全てを中止する。現時点、君たち&ホワイトスネイクの素晴らしいミュージシャン&クルーたちには、愛を送り心からお詫びするしかない。そして、フォリナー、ヨーロッパの友人たち&サミー・ヘイガーに対しては残念で仕方ない」との声明を出した。





フォリナーは、同日、5月終わりから6月初めに予定していたUKツアーを中止すると告知した。



サミー・ヘイガー&ザ・サークルからは、ツアーを続行するのかどうか、まだコメントはなされていない。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報