ジョン・ボン・ジョヴィ「この試練のとき、君の体験を僕と一緒に歌おう」

ツイート

家からのライブ・パフォーマンスを配信するミュージシャンが続々と現れる中、ジョン・ボン・ジョヴィは、新型コロナウイルスの影響により困難なこの時期「君の体験を僕と一緒に歌おう」と、ギターをプレイする映像を投稿した。

◆公開された動画

ジョンは日曜日(3月22日)、「自分ができることをしよう」とのタイトルで、「僕らはいま、試練のときを経験している。未知の領域、大いなる未知の世界だ。でも、1つ確かなのは、僕らはこれを乗り越える。いま、僕は自分が最も得意とすることをやるよ。ギターを手に、君らのために何かを言葉で表現しようとすることだ。君らの1日を明るくするために。僕のアイディアはこうだ。これを一緒に作ろう」と話すビデオ・メッセージを公開した。

まず、ファースト・ヴァースでは自分が歌い、「(ギター演奏のみとなる)セカンド・ヴァースは君らのストーリーだ」と持ちかけ、どんな体験をしているのか、どう感じているのか、傷ついていること、中止された高校の卒業式、できなくなるかもしれない計画、無効となった小切手など、どんな内容であれ「君の歌を、君と僕とで一緒に歌おう」と提案している。


ジョンが運営するコミュニティ・レストランJBJ Soul Kitchenは先週、ジョンが皿洗いをしている姿をSNSに投稿し、「いつもやってることができないなら…できることをやろう!」とのキャプションを付けていた。ビデオ・メッセージでも「覚えていて欲しい、いつもやってることができないなら、できることをやろう」と話した。

ボン・ジョヴィは、キーボード・プレイヤーのデヴィッド・ブライアンが先週、新型コロナウイルスの検査で陽性だったことを明かしている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報