テスタメントとツアーを行なったエクソダス、バンド内の状況を語る

ツイート

シンガーのチャック・ビリーとクルーが新型コロナウイルスの検査で陽性との結果が出たテスタメントとヨーロッパ・ツアーを行なったエクソダスのフロントマン、ゼトロが、彼らの現状について語った。

◆エクソダス画像

エクソダスは、テスタメント、デス・エンジェルと共に2月初めからひと月、ヨーロッパで<Bay Strikes Back 2020>ツアーを開催し、3月11日にアメリカへ帰国した。テスタメントはフロントマンのチャック・ビリーと彼の妻、クルー数人の検査結果が陽性だったと公表し、デス・エンジェルはドラマーのウィル・キャロルが集中治療室に入るほど具合が悪いと伝えられている。

ゼトロは月曜日(3月23日)YouTubeで公開している『Zetro's Toxic Vault』でこう話した。「(ツアーでは)俺ら、ファンに会ったり、いつもとは別の人たちに会うってこと理解して欲しい。同じ施設、ケータリングを使い、常に一緒にいる。だから、このツアーで多くの人が感染したのは不思議ではない」

彼自身は元気だと言い、「もしかかっていたとしても、俺に症状はない。全く調子は悪くないし、よく寝られてる。雄牛みたいに頑強だ」「俺らの中で唯一具合が悪いらしいのが、ゲイリー(・ホルト/G)だ。彼には症状がある。でも、検査結果が戻るにはもう少し時間がかかる。7~10日だ。なぜかは知らない。でも、彼と彼の奥さんは検査を受けた。今朝、彼と話したよ。良くなってるって言ってた。でも、まだ時折、ちょっとした症状が出るそうだ」と、エクソダス内の現状について報告した。

「そして、みんなが知ってるとおり、昨日、チャック・ビリーと奥さんのティファニーが感染したことを明かした。彼らのテックの2人もそうらしい。ウィル・キャロルが陽性なのかは知らない。でも、すごく具合が悪い。いま集中治療室にいる。良くなってると聞いているが、これは不確かだ」と2バンドについて言及した。

「エクソダスはゲイリー以外、元気だ。デス・エンジェルの数人、チャックと彼の妻、テックの何人かは良くなりつつある。だから、幸運を祈ってくれ」

テスタメントは4月3日にニュー・アルバム『Titans Of Creation』をリリースし、その月の終わりから北米ツアーを開催する予定だが、ビリーの症状のみならず、アメリカで新型コロナウイルスの感染が拡大する中、ツアーの変更は免れないだろう。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報