K.K.ダウニング、KK’sプリーストの新曲「そう遠くないうちに」

ツイート

K.K.ダウニングが、新たに結成したKK’s Priestのデビュー・アルバムの制作状況を報告した。

◆KK’s Priest画像

バンドの一員、ティム“リッパー”オーウェンズは10日ほど前、「素晴らしいものになる」と話していたが、ダウニングも同意見で、「みんなに聴いてもらうのが待ちきれない」と興奮している。

彼は日曜日(3月22日)、新たに開設したKK’s PriestのFacebookページにメッセージを掲載し、ファンの健康、安全を願い、「君らのサポートと愛は、僕らが音楽を作り世界中でツアーをやることを可能とし、インスピレーションを与えてくれる。僕は常に君らのことを大家族だと考えてきた。いつも言ってるとおり、家族が最優先だ!」「一緒にこの不安定な数ヶ月を乗り切ろう」などと綴ったあと、制作中のアルバムについて、「スタジオからの最新情報」を伝えた。

「俺ら、ニュー・アルバムのために最大出力で稼働している。ありがたいことに、リッパーは全てのトラックを終え、旅行が制限される前に、無事オハイオの家に戻った。で、俺はすごく興奮していると言わねばならない。彼のヴォーカルは第一級のリッパー/プリースト…それ以上だ!」

「このアルバムは自然な形で誕生しつつあり、すでに素晴らしいサウンドになってる―君らに聴いてもらうのが待ちきれない―ファースト・トラックがリリースされるのは、そう先のことじゃないと願ってる…だから注目していてくれ!」



オフィシャル・サイト(kkpriest.com)に登録すると、最新のニュースが配信されるという。

ダウニングは2月半ば、元ジューダス・プリーストのティム“リッパー”オーウェンズ(Vo)とレス・ビンクス(Ds)、Voodoo Sixのトニー・ニュートン(B)、HostileのA.J. Mills(G)というラインナップでKK’s Priestを結成したことを発表した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報