See-Saw、石川智晶・梶浦由記による伝説のユニットのコンプリートベストが6月に発売決定

ツイート

ボーカル石川智晶とキーボード梶浦由記のユニットSee-Sawのコンプリートベストの発売が6月10日(水)に決定した。

See-Sawは1993年にデビュー。2001年の活動再開後、2002年のTVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』エンディングテーマ「あんなに一緒だったのに」がヒット。2006年には活動を再休止し、石川、梶浦はそれぞれソロ活動を展開していたが、2019年2月に開催された「フライングドッグ10周年記念LIVE -犬フェス!-」にて奇跡の復活。さらに同年12月には、東京国際フォーラム ホールAにて単独ライヴとしては17年振り、一夜限りのライヴでチケットも即完売となった「See-Saw LIVE ~Dream Field 2019~」を開催し話題となった。

コンプリートベストは、2001年のテレビアニメ『NOIR(ノワール)』挿入歌「indio」や2002年のシングル「Obsession」など、ビクター・フライングドッグに移籍前の楽曲も納めた全36曲収録のコンプリートベスト盤となる。

リリース情報

アーティスト:See-Saw
タイトル:See-Saw Complete BEST
発売日:6月10日(水)
商品番号:VTCL-60524~6 ※3枚組
商品価格:¥4,500+税 POS:4582575 38127 3
<収録内容>曲順未定
・Swimmer
・うた
・キライになりたい
・永遠
・La La Africa
・かくれんぼ
・Timecard Love
・不透明水彩絵具
・遠いティンパニ
・心の絵本
・Chao Tokyo
・うす紅
・素肌 ノーメイク
・抱きしめている
・スレンダー カメレオン
・誰か私と・・・
・NERVE
・また会えるから
・たった一人のあなたへ
・Obsession
・優しい夜明け
・edge
・黄昏の海
・あんなに一緒だったのに
・月ひとつ
・君がいた物語
・Emerald Green
・記憶
・LOVE
・千夜一夜
・夏の手紙
・Jumping Fish
・indio
・君は僕に似ている
・静寂はヘッドフォンの中

ライブ・イベント情報

2020年6月13日(土)
Yuki Kajiura LIVE vol.#16 ~Soundtrack Special at the Amphitheater~を皮切りに全国5都市・10公演開催

2020年6月14日(日)
石川智晶LIVE「裏窓からみえるモノ2020?記憶に残るヒト」@大手町三井ホール
この記事をツイート

この記事の関連情報