連続テレビ小説『エール』、瀬川英史が手がけるサントラ発売決定

ツイート

▲『連続テレビ小説 「エール」 オリジナル・サウンドトラック』

3月30日(月)よりNHK総合で放送がスタートする連続テレビ小説『エール』のオリジナルサウンドトラックが、5月27日(水)に日本コロムビアよりリリースされる。

◆関連画像

連続テレビ小説『エール』は、「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」「闘魂こめて」などスポーツシーンを彩る応援歌や、ラジオドラマ『君の名は』『鐘の鳴る丘』の主題歌、「長崎の鐘」「イヨマンテの夜」といった歌謡曲などを手掛けた作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)と、彼の妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)をモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語を描くドラマだ。

劇中の音楽は、作曲家/編曲家の瀬川英史が担当している。


▲瀬川英史

■番組情報

連続ドラマ小説『エール』
2020年3月30日(月)スタート
NHK総合 午前8:00~ ほか
出演者:窪田正孝(古山裕一役)、二階堂ふみ(関内 音役) ほか
URL:https://www.nhk.or.jp/yell/

■リリース情報

『連続テレビ小説 「エール」 オリジナル・サウンドトラック』
2020年5月27日(水)発売
COCP-41137/¥3,000+税

◆コロムビア 古関裕而 特設ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報