【インタビュー】はっとり(マカロニえんぴつ)、「バンドのあり方を無意識に見つめ直した」

ツイート

■青春であり、絶望の裏に潜む希望であり、愛を探しているバンド

──今回、はっとりさん作曲以外の曲はかなり個性的ですよね。はっとりさんにないものを持ってきてくれた感じはありましたか?

はっとり:メンバーが曲を作り始めた頃は、僕が好みそうな曲調で作ってきていたので、それはあんまり意味ないんじゃないかなって言って。結構すり合わせが難しくて、最初は僕もすっぱい顔してましたけど(笑)。でも大ちゃん(長谷川大喜/Key,Cho)はいち早く突き抜けて、誰も作れない曲を作ってきてくれて。今回、大ちゃんの「Mr.ウォーター」はいちばん崩してないかもしれない。“Mr.ウォーター~”のところで急にジャズっぽくなるのはスタジオで変えたかな。その前にハードロックなギターソロが急に入るのは、スタジオで僕が言い出して、大ちゃんは最初冗談だと思ってたらしいんですけど(笑)。賢也(高野賢也/B,Cho)の「この度の恥は掻き捨て」も、デモのドラムの打ち込みの音をそのままレコーディングで使ってます。ユニコーンの「人生は上々だ」でキーが高くなるのに対してテンポが早くなっていくってアイデアを足したんですけど、全然弾けなくてそれがおもしろかったり。よっちゃん(田辺由明/G,Cho)の「たしかなことは」も、デモの段階からめちゃくちゃ良かったし。俺にとっては、いいガス抜きというか、好き放題できる場所でした。


──ちなみに、全部はっとりさん主導でやっていたのは、1stアルバム『CHOSYOKU』の頃ですか?

はっとり:『CHOSYOKU』はそうです。僕以外のメンバーの曲はスタジオで作りましたけど、あとの曲はわりと僕の宅録そのままでしたね。でも、あのアルバムからドラマーがサポートになって、新しい風が外から入ってきたタイミングでもあったんです。当時のサポートドラマーの久保田(潤)さんが結構アイデアを出してくれて、それにリンクしてベースのフレーズも変わったり、プチバンド感みたいなのが出てきていたと思います。前のドラマーが、唯一僕以外に曲を作ってたんですけど、彼の脱退をピンチと捉えるんじゃなくて、ほかのメンバーが曲を作るきっかけになったっていう意味ではチャンスだったかもしれないですよね。デモを作ってきてスタジオでアレンジしたり、ボツにしたりもしてっていうことをやるようになってから、メンバーのバンドに対する向き合い方がちょっと一歩踏み込んだものになったのかなって思います。そうした流れで、「レモンパイ」はほんとにしっかりバンドでアレンジをした曲だったんです。で、今のサポートドラマーの高浦(''suzzy''充孝)と本腰入れてやり始めた最初の曲でもあったから、ここからですね。頼れるバンドだなって、僕が思えたのは。

──そうなんですね。そこにこうして結果がついてきたっていうのは……。

はっとり:嬉しかったし、自信につながりました。


──曲調はいろいろなんですけど、歌詞に統一感がある感じがして。歌詞に関しては、全体的に書きたいこととか方向性が見えていたんですか?

はっとり:全体的にあったと思います。やっぱり「ヤングアダルト」の届き方が、自分にとって大きかったので。“絶望”にスポットを当てていたつもりが、それを“希望”として捉えられていたんだなあっていうのを発見して、このバンドのあり方を無意識に見つめ直した気がします。だから希望がどこかで必ず見える曲にはなっているし、タイトルが『hope』になったのも自然な流れですよね。このバンドが希望のひとつになればっていう思いが、実はいちばん強かったりするんです。

──着地点はそこにあるんだっていう気持ちがあったんですね。

はっとり:なんか報われてないけども、ある種の幸せな瞬間には一度出会えた人たちっていうか。『CHOSYOKU』で描かれる人物ほど、路頭に迷っていないと思います。誰ひとり報われていなかった1作目のフルアルバムから2年経って、ある程度諦めも知って、喜びも知って、いろんな出会いの中で変わっていったのがそのまま現れていて。セカンドアルバムとして今作を作れたのが、すごくおもしろいなと思いますね。

──マカロニえんぴつの作品には、バンドに関する曲みたいなものが毎回入ってきますよね。

はっとり:入ってきますねえ。


──今回は「ボーイミーツワールド」でしょうか。

はっとり:この曲はバンドのことを歌ってる感覚はないんじゃないかな。この歌詞は、2018年に『CHOSYOKU』を出したあとくらいに書いたものを、ちょっと変えただけなんです。リクルートのタイアップでこの曲を出したら、歌詞もそこまで変えないほうがいいなってことになって。Aメロは当時の感じが良かったから実は歌い直してもなくて、2年前の自分の声と今の自分の声が混在してる感じです。当時はバンドの転がり方にちょっとした理想と現実のギャップがあって、その気持ちを歌ったという意味ではバンドのことかな。ほかの曲に較べると青さの部分が強い気がしますけど、たぶん今より漠然としていて、先が見えてなかったんだと思います。

──この“ギリギリまだ人で居たいんだ”っていうのと、「ヤングアダルト」の“明日もヒトでいれるために愛を探す”っていうのが繋がってるようで印象的なんですけど、はっとりさにとって「ヒトでいる」という言葉が持つ意味は何なんでしょうか。

はっとり:ぬくもりとか、優しさっていうことなんでしょうけど……優しさって言葉を使った時点で、ほかに余地がなくなるから使いたくないんですよ。優しさって何なのかが知りたいから、みんなあくせくしてるわけで。人それぞれ、優しさのベクトルや大きさは違うけど、やっぱり人である以上は、人にも自分にも優しくいるべきだと思うし、人の気持ちをわかろうとし続けるべきだと思う。そういう意味で人であることを忘れたくないなっていう気持ちが自分の中にあります。


──この「ヤングアダルト」と「青春と一瞬」っていう去年のまさに代表曲と言える曲でアルバムを締めたのは?

はっとり:まあ、最後まで聴いてもらうために、みんな知ってる曲は最後にっていう(笑)……のは半分冗談ですけど、やっぱりこのバンドは青春であり、絶望の裏に潜む希望であり、愛を探しているバンドなんだっていうのを、この2曲が教えてくれたから。改めて「そうですよ」って言って終わりたかったのはあります。自分たちの中では、この曲があることが強いというか、指針になってるんです。見えない道を切り開いてくれたっていうか。この2曲があるおかげでできたアルバムだと思ってます。


──「青春と一瞬」のストリングスアレンジもいいですよね。青春っぽい爽やかさがより増したと思いました。

はっとり:これも、さっきの外の風って話じゃないですけど、誰かに任せてみようって思って、洗足(学園音楽大学)の時の同級生の谷くんにお願いしました。外からエッセンスを足されることで、自分だったら絶対しないアレンジになって、すごく新鮮なものになりましたね。ちょっとJ-POPっぽくなりすぎたかなっていう印象もあったんですけど、自然にハマってたので、逆にJ-POPにもなりうるバンドなんだってわかったし。依頼して良かったですね。

──バンドの核が見えて、新しい風も入ってきた作品ができて。これから進む次の道も見えてきましたか?

はっとり:まだリリースしてないので、何も見えないですねえ。これがどう届くかがまだわかってないから……はやく褒められたいです(笑)。リスナーの声はやっぱりいちばん気になるから。リリースして、このアルバムのツアーを終えて、やっと見えてくるんじゃないかな。でも、1個できると、もう同じことはやらないでいいってなるから、次はまた新しいことをやりたいなってモードにはなってますね、バンドも。

──では、どういうふうに届いてほしい、という想いはありますか?

はっとり:それはもう、好きなように聴いてくれたらいいです。そしたら、またそれが自分たちに返ってくるだろうし。いろんな私情をそこに詰め込んで大事にしていってほしい。人によっていちばん大事な曲が違うのがマカロニえんぴつだと思うから、これはこういう曲なんだっていうのを、逆に教えてほしいです。

──これだけたくさん球を投げてますからね。

はっとり:何かは返ってくるでしょう! みんなが避けて誰もキャッチしてくれない球も投げてるかもしれないけど(笑)。

取材・文◎後藤寛子

『hope』

発売日:2020年4月1日

■初回限定盤(CD+DVD)/価格:¥3,454(税抜)
※透明スリーブケース特別仕様
※チケット抽選先行受付シリアルナンバー封入(初回製造分のみ)

■通常盤/価格:¥2,727(税抜)
※チケット抽選先行受付シリアルナンバー封入(初回製造分のみ)

収録内容
[CD]
1.レモンパイ
2.遠心
3.ボーイズ・ミーツ・ワールド
4.ブルーベリー・ナイツ
5.hope
6.この度の恥は掻き捨て
7.Supernova
8.愛のレンタル
9.嘘なき
10.Mr.ウォーター
11.たしかなことは
12.恋人ごっこ
13.ヤングアダルト
14.⻘春と一瞬(Strings ver.)
[DVD]
2020.01.12@マイナビBLITZ赤坂「マカロックツアーvol.8 ~オールシーズン年中無休でステイ・ウィズ・ユー篇~」 ライブ&ドキュメンタリー映像
青春と一瞬 / レモンパイ / 恋のマジカルミステリー / 愛の手 / ワンドリンク別 / 幸せやそれに似たもの / TREND / STAY with ME / ブルーベリー・ナイツ / あこがれ / 二人ぼっちの夜 / Supernova / ハートロッカー / ヤングアダルト / 恋人ごっこ
・hope発売記念 一心同体!!「マカえん hopeでトーク」


<マカロックツアーvol.10 〜わずかな希望を探し求める者たちよ篇〜>

※全公演SOLD OUT
2020年
4月18日(土)大阪 なんばhatch
4月19日(日)高松 高松オリーブホール
4月24日(金)神奈川 KT Zepp Yokohama
4月29日(水)静岡 Live House浜松窓枠
5月1日(金)熊本 B.9 V1
5月2日(土)福岡 DRUM LOGOS
5月9日(土)新潟 NEXS NIIGATA
5月10日(日)金沢 EIGHT HALL
5月21日(木)北海道 Sound lab mole
5月24日(日)宮城 仙台darwin
5月26日(火)岩手 Club Change Wave
5月31日(日)広島 LIVE VANQUISH
6月5日(金)名古屋 DIAMOND HALL
6月13日(土)東京 豊洲PIT

追加公演
2020年
5月15日(金)愛知 NAGOYA CLUB QUATTRO
5月22日(金)北海道 Sound lab mole
5月30日(土)大阪 BIG CAT
6月12日(金)東京 TSUTAYA O-EAST

◆マカロニえんぴつ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報