観光客のいない間に、アビー・ロード・スタジオ前の横断歩道に塗装工事

ツイート

新型コロナウイルスの影響で観光客が激減する中、いまが絶好の機会と、ザ・ビートルズのジャケ写で有名なアビー・ロード・スタジオ前の横断歩道が塗り直された。

◆関連画像

いつもはツーリストでいっぱいの場所だが、国内がロックダウン中のいまは人も車も少なく、閑散としている。市役所はその隙に、消えかかっていた路面標示を補修することにしたようだ。今週初め、工事が行なわれたという。

この横断歩道が塗り直されるのは、2018年夏、道路が舗装されたとき以来ではないかと思われる。



ザ・ビートルズが1969年に発表したアルバム『Abbey Road』のカヴァーで、4人がここを歩く写真がフィーチャーされ有名になったこの場所は、2010年、横断歩道としては初めて歴史上重要な建造物(Listed Building Grade II)に認定された。

しかし、当時の横断歩道は40年以上前に一度、交通管理のため数メートル移動されており、いまと同じ場所にあったわけではないという。ウェストミンスター市役所は以前、いつ、どう動かされたのか記録が残っていないので定かではないが「写真から判断するにオリジナルの横断歩道はもう少し北側、ちょうどスタジオの前にあったのではないか」とコメントしていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報