ジャクソン・ブラウン、新曲配信「見通しが立たない今だからこそ、この曲を公開したんだ」

ツイート


ジャクソン・ブラウンの新曲 「A Little Soon To Say」が、本日3月27日より配信された。

この曲は、自身の72歳の誕生日である今年の10月9日にリリース予定の最新スタジオ・アルバムからの先行トラックだ。

この曲では、「“I want to see you holding out your light / I want to see you light the way / But whether everything will be alright / It’s just a little soon to say.”」「“わたしは見たい あなたが自分の明かりを掲げるのを / わたしは見たい あなたが行くべき道を照らすのを / でも何もかもすべてうまく行くのかどうか / それを言うのはまだちょっと早すぎる(訳:中川五郎)“」と歌われる。ジャクソン・ブラウンは先日、自身が新型コロナウイルスの検査で陽性だったことを公表。現代社会が直面している環境問題などへの警鐘と共に希望を唄う「A Little Soon To Say」は、新型コロナウイルスの感染が拡大する前に書かれたものだが、「先行きが不透明で見通しが立たない今だからこそ、この曲を公開したんだ」と、ジャクソンは米ローリングストーンに語っている。

またこの曲は、5月29日にリリース予定のCD/アナログ盤シングル「Downhill From Everywhere」のBサイド曲として収録される。

なお、ジャクソンは、今年の<FUJI ROCK FESTIVAL’20>への出演も既に発表されている。

■配信「A Little Soon To Say」

2020年3月27日配信開始
https://SonyMusicJapan.lnk.to/LittleSoonToSay


この記事をツイート

この記事の関連情報