テヤナ・テイラー、パフォーマンスの制作プロセスを追った映像が無料公開

ツイート

▲(C)Ryan McMahill

テヤナ・テイラーが<レッドブル・ミュージック・フェスティバル・ニューヨーク>で披露したパフォーマンス『House of Petunia』の制作プロセスを追ったドキュメンタリー作品『Assembly Required: Teyana Taylor’s House of Petunia』が無料公開されている。

◆『Assembly Required: Teyana Taylor’s House of Petunia』 動画

テヤナ・テイラーは、ファレル・ウィリアムスに見初められ、カニエ・ウェストのアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』へ参加。新進R&Bシンガーとしてカニエ・ウェスト監修のアルバム『K.T.S.E.』をリリースし、ビヨンセの「Ring The Alarm」では振付を担当するなど、ダンサー/振付師としても活躍している。

今回公開された約70分間にわたる映像には、ダンサーのオーディションからリハーサル、サウンド、照明、ステージ設営、コンセプトの決定など、様々なクリエイティブプロセスがありのままに記録されている。

また、本作品ではテヤナ・テイラーやダンサーのほか、Nikki Taylor(マネージャーである彼女の母)、Iman Shumpert(NBA選手の夫)、Carrington(バンドのディレクター)、Coco Gilbert(リードコレオグラファー)らもフィーチャー。またアッシャー、ファボラス、メソッド・マンなどの音楽スターたちも登場する。

作品には日本語字幕がついており、Red Bull TVアプリまたはレッドブルのYouTubeチャンネルで無料視聴できる。


■『Assembly Required: Teyana Taylor’s House of Petunia』

時間:70分
視聴:Red Bull TVまたはレッドブルのYouTube(日本語字幕付き)

Red Bull YouTube
https://youtu.be/lf74tw2vp8w

Red Bull TV App
https://go.onelink.me/351027264/e6ef6006
※アプリをダウンロードのうえ作品名を検索してご視聴ください。
この記事をツイート

この記事の関連情報