ボブ・ディラン、17分に及ぶ新曲「マーダー・モスト・ファウル」を発表

ツイート

ボブ・ディランが、新曲「マーダー・モスト・ファウル」のデジタル配信を開始した。4月の日本ツアーが中止となってしまったが、ファンにとっては朗報だ。

「マーダー・モスト・ファウル」は、2012年発表アルバム『テンペスト』以来となる曲で、ブートレッグシリーズや来日記念盤を除くと近年はグレイト・アメリカン・ソングブックのカヴァー作が3作続いていたので、8年振りとなる新作の発表ということになる。

2016年12月のノーベル文学賞授与以来初の書下ろしとなり、異例の17分にも及ぶ楽曲。歌のタイトル「マーダー・モスト・ファウル」とはハムレットに登場するフレーズ。2012年作『テンペスト』はシェイクスピアの最後の作品『ザ・テンペスト』と同じタイトルであり、ノーベル文学賞受賞時やMusicare Person Of The Yearでもシェイクスピアについて語っているのもこの歌を知るうえで忘れてはならないだろう。第35代アメリカ合衆国大統領であるジョンFケネディの暗殺から始まるこの歌は、主に60年代に起きた数々の出来事や時代を彩ったミュージシャンや曲名をコラージュ風に構築し、ヴォーカルは静かで穏やかながら揺るぎがない。


ジャケットのジョンFケネディは、平和への希求が高く今でも人気を誇る大統領で、彼に関する数多くの映画や書物が生まれ、度重なる検証にもかかわらず暗殺された背景は今でも謎に包まれている。そんな短くも波乱に富んだケネディの、血に染まった暗殺事件からこの歌は始まる。

●ボブ・ディラン
「私のファンと熱心なフォロワーの方々へ、長年のご支援とご献身に感謝を込めて挨拶致します。この度公開するのは以前録音した歌で皆さんに興味を持って頂ける未発表曲です。どうぞ安全に過ごされますように、油断する事がありませんように、そして神があなたと共にありますように。」


この記事をツイート

この記事の関連情報