ザ・ウィークエンド、全米シングル/アルバム・チャートを制覇

ツイート

今週の全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)は、先週まで11週連続で1位をキープしたRoddy Ricchの「The Box」が2位に後退し、代わって、ザ・ウィークエンドの「Blinding Lights」が2位から1ランク・アップし首位につけた。

◆ザ・ウィークエンド画像

ザ・ウィークエンドは今週、ニュー・アルバム『After Hours』が初登場で1位に輝いており、全米のアルバム/シングル両チャートを制覇した。彼は母国カナダ、オーストラリアでもこの快挙を成し遂げている。UKでも『After Hours』は初登場1位を獲得したが、残念ながら「Blinding Lights」はSAINt JHNの「Roses」に敗れ、2位だった。

「Blinding Lights」は、「The Hills」(2015年)、「Can’t Feel My Face」(2015年)、「Starboy」(2016年)、「Heartless」(2019年)に続く、ザ・ウィークエンドにとって5枚目の全米No.1シングルとなった。

新作『After Hours』からの1stシングルだった「Heartless」は、アルバムの人気に押され、今週、16位から4位に再浮上した。『After Hours』に収録された14曲は全てトップ100にチャート・インしている。

『After Hours』は週半ばの集計で、今週末発表される全米チャートで引き続き1位を獲得するものと予想されている。同アルバムは初週44万4,000ユニットを売り上げ、現時点、2020年最大のウィークリー・セールスをマークした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報