オジー・オズボーン、幹細胞治療でパーキンソン病の症状が緩和

ツイート

Photo by Sam Taylor-Johnson

オジー・オズボーンの娘ケリーによると、パーキンソン病を患うオジーは幹細胞治療を受けたことにより、体調が良くなりつつあるそうだ。

◆オジー・オズボーン画像

ケリーは先週、『Entertainment Tonight』にこう話した。「幹細胞治療を1回受けた後の経過や進展を見て、ビックリしてる。父は起き上がり、何かしたがるようになった。再び、社会の一員になりたがってる。歩行も向上したわ。話すのも良くなってる。症状が緩和してるの。脊椎手術の後必要としている筋力を取り戻しつつある」

「全てが順調になり始めた。私たちに希望を与えてくれている。彼に力を貸してくれている医師たちにすごく感謝してるの。いま、家から出られないけど、その準備はできてるわ。父は、“2年近く隔離してたが、いまは気分がいい。でも、世の中は自己隔離だ”って言い続けてる」

オジーは数週間前にパナマで幹細胞治療を受けたという。

4月初めにはスイスにいる専門家に診てもらう予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、旅行は中止された。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報