デイヴィッド・カヴァデール、今度は家事をテーマにした曲を公開

ツイート

先週、新型コロナウイルスに対する想いを歌にした「コロナウイルス・ブルース」を公開したホワイトスネイクのデイヴィッド・カヴァデールが、新たに、自己隔離中の生活を取り上げた「Vacuum & Dust」を投稿した。

◆公開された動画

今回はカントリー調のサウンドで、「掃除機かけてほこりを払い、ベッド・メーキング。神に誓ってもいい、俺の頭はおかしくなりそうだ。トイレ掃除に床掃除。神に誓う、これはアーティストの手じゃない。もう我慢ならない」と歌った。



リッチー・ブラックモアの奥さんによると、「Vacuum & Dust」はジョーン・バエズの名曲「Diamonds & Rust」に由来するそうで、ブラックモア夫妻は週末(3月28日)、「自己隔離中、私たち、昔のお気に入りソングに手を加えてみることにした。家にいなくてはならない間、他にすることある? Diamonds & RustはVacuum & Dustになった。ミスター・カヴァデール、インスピレーションをありがとう!」と、「手を洗って」などと歌詞を替え「Diamonds & Rust」をプレイする映像を公開していた。



カヴァデールは「コロナウイルス・ブルース」では、「うせろ、うせろ、俺らはもうお前なんかいらない。俺のところに来るな。もうその顔を見せるな」と歌っていた。

彼は「もう一度…忘れるな…#家にいることは命を救う #全て愛の名のもとに #早くまたみんなに会いたい」と呼び掛けている。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報