GM音源&スピーカー内蔵、コンパクトな32鍵USB-MIDIキーボード「K32s」

ツイート

ドイツのMIDI周辺機器専門ブランドMIDITECHから、GM対応の音源とスピーカーを搭載した便利なMIDIキーボード「K32s」が登場。ファインアシストより国内販売が開始された。


「K32s」は、コンパクトなミニ32鍵キーボードにGM音源対応音源(128音色)とスピーカーを搭載。USB接続でDAWのMIDI入力用キーボードとして使用できるのはもちろん、単体でもライブやレッスン用のキーボード、シンセとして活躍する。また、充電式バッテリーに対応しており、本体だけで音を出せるのもポイント(USB給電で充電可能)。アウトドア環境でも演奏が可能だ。

内蔵音色はGM準拠の128種に加えて、ブラシセットやオーケストラキットを含む5種類のドラムセットを内蔵。リバーブも搭載し、高音質なサウンドをいつでもどこでも手軽に楽しめるパーソナル・ミニキーボードとなっている。


▲鍵盤左にはピッチベンドスライドパッドを用意。その上下にあるボタンは、モジュレーションやサスティンペダルの機能が割り当て可能。

424×117×31mm/1kgのコンパクトなボディには、オクターブスイッチとピッチベンドスライドパッド、音色切り替えや各種設定に使うDATAスライダー、DATAノブを搭載。Shiftボタンと鍵盤を組み合わせて、半音単位のトランスポーズ(-7から+7)や、ベロシティカーブの設定も行える。電源はUSBバスパワーまたはニッケル水素電池。USBケーブルが付属する。


▲Shift+鍵盤でトランスポーズやベロシティカーブ(3段階)、リバーブ(off/50%/100%)などの設定が可能。音色は-/+ボタンでの増減またはShift+DATAノブでの増減、Shift+鍵盤の数字でのダイレクト指定の3種の指定方法に対応。DATAスライダーは音源のブライトネス変更に使用。USB接続時はコントロールチェンジ21を出力する。


▲端子は左側面に配置。PC接続用のUSB、サスティンペダル端子、3.5mmヘッドホン出力を備える。

製品情報

◆K32s
市場想定価格:11,000円(税別)
発売日:2019年3月19日

関連画像&映像

◆MIDITECH 画像
この記事をツイート

この記事の関連情報