手羽先センセーション、高須克弥院長参加のメジャーデビューALリリース

ツイート

名古屋を中心に活動するアイドルグループ“手羽先センセーション”のメジャーデビューアルバム『行く先、手羽先』が本日4月8日(水)にドリーミュージックからリリースされた。

◆手羽先センセーション ジャケット写真

手羽先センセーションは都内で活動するアイドルグループ“強がりセンセーション”の名古屋支店グループとして2017年に結成され、2019年4月には1stアルバム『手羽先のおいしい食べ方』を発表している。

今回リリースされたメジャーデビューアルバム『行く先、手羽先』は、5人体制になって初のパッケージ作品だ。


▲醤油盤


▲味噌盤


▲胡椒盤

1曲目の「Opening SE」には、高須克弥院長(高須クリニック)が参加。「Yes! 手羽先センセーション!!」の掛け声でアルバムの冒頭を彩る。

また、チバニャン(レペゼン地球トラックメイカー)がプロデュースした「革命のセンセーション」を4曲目に収録。このほか、「ニコピの方程式」など全9曲が収められる。

アルバムタイトルの“行く先、手羽先”には、“今までも、この先も手羽先センセーションとして”という彼女たちの思いが込められている。

■メジャーデビューアルバム『行く先、手羽先』

2020年4月8日(水) 発売

【醤油盤】
MUCD-1453/2,000円+税

【味噌盤】
MUCD-1454/2,000円+税

【胡椒盤】
MUCD-1455/2,000円+税

[収録曲]※3形態共通
1.Opening SE
2.ハロー、ブランニューミー
3.未完成日記
4.革命のセンセーション
5.満開サクライロ
6.夏情気性
7.ニコピの方程式
8.足跡-Ashiato-
9.Goodbye , graduation!

■ライブ情報

ワンマンライブ
2020年5月31日(日) 愛知・Zepp Nagoya

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報