朝倉さや、アルバム全曲のMV公開「自宅にいても宇宙に居ても旅さあべ!!」

ツイート

朝倉さやのメジャーデビューアルバム『古今唄集~Future Trax BEST~』より「ハテナ」のミュージックビデオが公開され、同作に収録されている全11曲のビデオがネット上に出揃った。

◆朝倉さやMV、画像

これまで2度の民謡日本一に輝き、自らのルーツでもある民謡に新しい命を吹き込んだ曲を“フューチャー・トラックス”と称して発表してきた朝倉さや。『古今唄集~Future Trax BEST~』はその集大成として発表されたアルバムだ。

ミュージックビデオでは、鹿児島の桜島の海岸や幻想的な滝の前で歌う朝倉がいつの間にかアフリカの大地で歌う人々の姿と交差する「AGRIMONY ~旅さあべ~」や、魔法の言葉を知っているもう一人の朝倉が表参道の街を闊歩する「Mr.Mamurogawa」、どこかの秘境を静かに旅する朝倉の視線を一人称で感じさせる「からめ節 Future Trax」、青く染めたばかりの朝倉の髪の色が海の波の色にも通じる「豆ひき唄 Future Trax」、ライブでもおなじみの“フジヤマダンス”を和服姿の女性たちと繰り広げる「酒田甚句 Future Trax」、民謡が伝わる香川県を訪れた朝倉を追うロードムービー風の「たんす唄 Future Trax」など、彩り豊かな映像と共に『古今唄集』の収録曲の数々を楽しむことができる。







4月4日(土)に公開された「ハテナ」は、アルバムのエンディングを飾るオリジナル曲。2013年のインディーズデビューから今日に至るまでの朝倉の映像をふんだんに盛り込んだ、デビュー後の旅の軌跡ともいえる映像作品に仕上がっている。完成したミュージックビデオを初めて観て感動する朝倉の様子も生配信され、その模様はYouTubeでアーカイブとして公開中だ。



ミュージックビデオの多くは、朝倉のプロデューサーであるSolaya氏の監督作品となっている。「酒田甚句」と「River Boat Song」は、山形を拠点にする映像監督の橋本道春が制作した。

新型コロナウイルスの影響で予定されていたライブイベントやソロコンサートの延期・中止も相次ぐ中、朝倉さやはミュージックビデオの公開に寄せて次のようにコメントしている。

   ◆   ◆   ◆

■朝倉さや コメント

コンサートやイベントが延期になってしまい、皆さんにお会いできず残念ではありますが、お家で『古今唄集』を楽しんでもらえるように全曲公開しました。
私も自宅にいながらできることを考え、皆さんと一緒に楽しめる事を発信していきます。
自宅にいても宇宙に居ても旅さあべ!!未来さ続ぐ!!

   ◆   ◆   ◆

アルバム『古今唄集~Future Trax BEST~』

2020年4月1日(水)発売
※CD/デジタル
CD:UPCY-7668 ¥3,000+税
1. AGRIMONY ~旅さあべ~
2. Mr.Mamurogawa(真室川音頭Future Trax)
3. からめ節 Future Trax
4. 豆ひき唄 Future Trax
5. River Boat Song with respect for 最上川舟唄 2020
6. 新庄節 Future Trax 2020
7. 酒田甚句 Future Trax 2020
8. 茶摘み唄 Healing Music Trax
9. おはら節 Future Trax 2020
10. たんす唄 Future Trax
11. ハテナ


この記事をツイート

この記事の関連情報