【メールインタビュー】超能力戦士ドリアン、キラーチューン揃いの新作『ハンパねぇ名盤』

ツイート

■ターニングポイントになる1枚

──では、それぞれ今作のレコーディングは、いかがでしたか?

おーちくん:ただただ必死に曲中のそれぞれの音程に音を当てにいっていた時から比べると、幾分かボーカルにも余裕は出てきたと思います。ただ、その余裕を差っ引いても、今回のミニアルバムはキーが高い! レコーディングもかなり苦労しましたが、今までで一番良いものが録れた実感はあります。個人的に聴きどころだと思うのは、「人見知RIVER」の最後のシャウトです!(笑)

やっさん:とにかく歌がめちゃくちゃうまくなってきました! レコーディングに対しての臨み方が、わかってきたのかもしれません。特に「口から炎を吐けたら強い」の“格闘技業界に激震走るわ”というところが日本音楽史に残るうまさなので聞いてみてください。あとは、とにかく全曲ギターが難しいので、今はライブに向けて日々頑張って練習しています(笑)。

けつぷり:ギターは、バッキングに関しては音の壁を作るために鳴らすというよりも、コード感やスピード感などの楽曲に欠かせない要素を常に補強することを意識しました。どの楽曲も鳴っている楽器の数はそんなに多くないのですが、ギターのアレンジによって彩りを添えることができたと思います。一歩間違えれば見過ごされがちなリフやギターソロたちに関しては、ボーカルと同じくらいの存在感を持てるように工夫しました。歌のメロディを無意識のうちに覚えたり、思わず口ずさんでしまうのと同じように、ギターのフレーズまで記憶に残り、感情を揺り動かすことができれば嬉しいです。

──ボーカルやギターの聴きどころも満載です。さて、『ハンパねぇ名盤』は楽曲や歌詞、アレンジ、演奏といったあらゆる面にさらなる磨きが掛かった超能力戦士ドリアンを堪能できる一作になりました。

やっさん:このミニアルバムのリリース以降のライブのセットリストに大きな影響を与える曲が揃っているし、活動の幅が広がるようなバンドにとってターニングポイントになる1枚になる気がしています。米津玄師さんで言うと、『YANKEE』みたいな感じの作品ですね。

──たしかに、今後の超能力戦士ドリアンがより多くのリスナーを巻き込んでいくことを予感させます。もうひとつ、新型コロナウイルスの件で世界全体が暗い中、『ハンパねぇ名盤』のように明るくリスナーの気持ちを引きあげる作品をリリースするというのは大きな意味があると思います。

やっさん:ありがとうございます! 今がこんな状況だからこそ、できないことを気にして悔やむのではなくて、できることを探して楽しんでいけたらと思っているんです。だから、僕たちとしても、今このミニアルバムを発売できることは嬉しいです。相思相愛ですね。

けつぷり:こんなタイミングだからこそ、ドリアンの底抜けに明るい新曲を聴いて元気になってもらいたいです。このアルバムを聴いてくれたみなさんの反応を見れるというのは我々にとって大きな楽しみであります!


──沢山の人に聴いてほしいです。アルバムタイトルにちなんでお聞きしますが、それぞれが、ここ最近“これはハンパねぇ!”と思ったものや出来事などを教えていただけますか。

おーちくん:ここ最近は基本的に自粛しかしていなくて、ずっと家にいて暇なので、お料理を始めてみました。全くうまく料理を作れず、コックさんや毎日お家でご飯を作っている主婦の方々は本当にハンパねぇんだと思い知りました。ありがとう、お母さん。

やっさん:お笑い芸人の“すゑひろがりず”さんのYouTubeでのゲーム実況が、今まで僕が出会った映像作品の中で1位に君臨するほど面白くて、これはハンパねぇと思いました。擬音で表すと“ヴァ!!!!!”です。僕の中では『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を超えてます。

けつぷり:先日、高級な食パンをいただいたのですが、あまり食パンが好きではないので食べ方に困っていたんです。そうしたら、“高級な食パンはそのまま食べるのが一番おいしいよ”というアドバイスをたくさんもらいまして。そんな馬鹿な話があるかと、半信半疑で口にしてみたところ目が飛び出るほどの柔らかさと旨みで驚きました。“うぅんめぇぇええええなあああぁぁぁあああ!!!!!!”って。私の中の食パンに対する概念が覆った。

──ハンパないものとの出会いは、人生を彩りますよね。さて、現状ではいつからライブが行えるようになるかわかりませんが、必ず再開できるときは訪れます。『ハンパねぇ名盤』を携えて、今後はどんなライブをしたいと思っていますか?

やっさん:今回のミニアルバムはシークレットトラックも含めた9曲全てがライブで活躍できるポテンシャルがあると思っているんです。なので、今後は単純にライブのセットリストの層を厚くすることができる。今までよりさらにいろんなパターンで楽しんでもらえるようにいろいろと準備しているので、ワクワクしててください!

けつぷり:なかなかライブができない分いろいろと準備できる時間が増えているので、今はパワーアップの期間だと前向きに考えています。このトンネルを抜けたとき、勢いを盛大に爆発させる超能力戦士ドリアンを楽しみにしていてください。

おーちくん:とにかくライブが中止・延期になりまくっていて、次はいつできるかもわからない。そんな状況だからこそ何ヶ月ぶりかに行われるライブを想定して、頭の中でイメージをどんどん膨らませていってます。スタジオ練習すらまともにできない状況なのでイメトレが主になっているんですが、このコロナ騒動の果てに、ライブハウスに会いにきてくれたお客さん全員を、もれなく笑顔にできるようなライブをビシッと決めたいですね! そのときは『ハンパねぇ名盤』の曲たちもおおいに活躍してくれていると思います!

取材・文◎村上孝之

▲『ハンパねぇ名盤』初回限定盤

▲『ハンパねぇ名盤』通常盤

New Mini Album『ハンパねぇ名盤』

2020年4月22日(水)発売
■初回限定盤(CD+DVD)
EXXREC-3002 3,000円+税
■通常盤(CDのみ)
EXXREC-0024 2,000円+税

[CD]
1.ボールを奪い合う選手全員に1つずつあげたい
2.口から炎を吐けたら強い
3.尊み秀吉天下統一
4.ファミリーコンサート
5.パンケーキ量多い
6.魚じゃないのよイルカは
7.人見知RIVER
8.満足バロメーター
シークレットトラック.スター元気人

[DVD]
2019年11月30日開催「スペシャルな公演」心斎橋BIGCAT公演より
1.焼肉屋さんの看板で牛さんが笑っているのおかしいね
2.背中に翼が生えたら便利だけど邪魔
3.レモン一個分のビタミンC
4.恐竜博士は恐竜みたことないでしょ
5.スマホの充電ナイトフィーバー
6.ファミリーコンサート
7.新曲初披露はムズイ
8.チャーハンパラパラパラダイス
9.おいでよドリアンランド
10.天保山
11.いきものがかりと同じ編成

この記事をツイート

この記事の関連情報