ブルース・スプリングスティーン、ベット・ミドラーら、ジョン・プラインを追悼

ツイート


ジョン・プラインの訃報に、ブルース・スプリングスティーン、ベット・ミドラー、シェリル・クロウら多くのミュージシャンから悲痛の声が上がった。

◆ミュージシャンたちのメッセージ

スプリングスティーンは「ジョン・プラインを喪い、僕らは打ちひしがれている。ジョンと僕は70年代初め、“ニュー・ディランズ”だった。彼は、世界一素敵な人以外の何ものでもなかった。真の国宝で歴史に名を残すソングライター。彼の家族に愛と祈りを」と追悼した。



ベット・ミドラーは「彼が逝ってしまった」とつぶやき、シェリル・クロウは「ジョン・プラインが亡くなったと聞き、心が痛い。彼はいま、天使たちと歌っている。あなたの死は惜しまれるけど、あなたの曲は永遠に生き続ける」と偲んだ。





このほか、ミランダ・ランバート、マンディ・ムーア、レコーディング・アカデミーからも追悼の言葉が寄せられている。







ジョン・プラインは3月26日、新型コロナウイルスの症状が出て入院し、治療を受けていたが、4月7日、その合併症により息を引き取った。

彼が闘病中、ジョーン・バエズは友人「ジョン・プラインのために」と彼の曲「Hello In There」をプレイし、回復を願っていた。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報