真矢、SUGIZOと大黒摩季の『ジビエート』ED曲に参加「大地のようなビートを」

ツイート

SUGIZOと大黒摩季がタッグを組んだ、アニメ『ジビエート』のエンディングテーマ曲「ENDLESS」にドラマーとして真矢が参加することが発表された。

◆『ジビエート』関連画像

2020年夏に放送・配信予定の『ジビエート』は、天野喜孝、芹沢直樹、古代祐三らクリエイター陣が参加する「ジビエートプロジェクト」によるアニメーション作品。2030年の日本を舞台に、“ジビエ”と呼ばれるウイルスの脅威に立ち向かう主人公たちの物語が描かれる。

エンディングテーマとなる“SUGIZO feat.大黒摩季”の「ENDLESS」は、コンポーザー兼ギタリストにSUGIZO、ボーカリストに大黒摩季を迎えて制作された楽曲だ。作詞は同アニメの企画・原作を務める青木良が担当する。

今回の発表に際して、真矢は次のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

「SUGIZOが作曲し、大黒摩季さんが歌う曲に、僕は大地のようなビートを刻みたいと思います。最高のプロジェクトに呼んでいただき、そこでドラムを叩き、これが日本だけではなく世界のみんなが共感して、かっこいい、笑顔になるようなことになってくれたら本当に嬉しく思います。」──真矢

   ◆   ◆   ◆

▲左から真矢、大黒摩季、崎本大海

なお、『ジビエート』公式TikTok(#gibiateproject)では、大黒摩季、真矢、美樹本伊佐夫役の崎本大海による「ジビエートダンス」が公開中。YouTubeでは崎本が出演する“「ジビエートダンス」の踊り方動画”も公開されているのであわせてチェックしてみよう。


この記事をツイート

この記事の関連情報