トニー・アイオミ「毎日、オジーと連絡取ってる」

ツイート

トニー・アイオミが、家で自己隔離中の生活について語った。近所の人たちや友人との絆が深まったと感じているそうだ。

◆関連画像

彼は地元、英国バーミンガムの新聞『Birmingham Mail』にこう話した。「車洗ったり、ガレージの掃除したり、やらなきゃって気づいたちょっとした作業をしてるよ。みんなと同じだ。妻とテレビを一気見したりね。『オザークへようこそ』と『ボードウォーク・エンパイア』を見てるよ。それに、ギターもプレイしてる。ちょっとツアー中みたいだ。ステージには上がらないけど、毎晩、部屋にこもる」

「隣人たちが立ち寄って、玄関のところに、買い物の必要はないかってメモを残してくれるんだ。哀れな老人を気遣ってくれている! 僕らみんなの絆が一層深まっているように思う。ロサンゼルスで療養中のオジーとも毎日連絡取ってるんだ」

アイオミは地元の病院を支援し、現在、チャリティー・オークションを開催中だが、これは「自己隔離中の時間をスタジオの掃除に費やしていて、思いついた」そうだ。eBayにCD、ヴィニール盤、ギターなど6アイテムを出品しており、最も注目されているギター(Epiphone SG)について、こう話した。

「スタジオで使っているギターなんだ。僕は左利きだからレフティだ。これにサインを入れる。でも、友達がジャムしに来たときのために、右手用のスペアのギターもあるんだよ。例えばブライアン・メイが来たら、一緒にプレイできるから手元に置いてるんだ。落札者の好みによっては、それを送ってもいい」

ギターは3,000ポンド(約40万円)くらいで落札されれば幸いだと考えていたそうだが、終了まで7日間を残し、すでに4,600ポンド(約62万円)まで上がっている。

オークション(http://www.ebay.co.uk/usr/queenelizabethhospitalcharity)は4月16日午後1時30分ごろ(日本時間午後9時30分/アイテムにより異なる)終了予定。全てサイン入りで、世界中どこであれ送料は無料だという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報