カミナリグモ、同世代のリズム隊をゲストに迎えたフルアルバム発売

ツイート

カミナリグモが、2018年末の活動再開後初のフルアルバム『SCRAPPY JEWELRY』を6月17日にリリースする。

◆ジャケット画像

今作には菅野信昭(FoZZtone)、堀正輝、神田雄一朗(鶴)ら所縁のある同世代のリズム隊が参加しているバンド楽曲と、メンバー二人によるアコースティック&トラック楽曲の計13曲を収録。上野啓示(Vo&G)の物語的な世界観と、ghoma(Key)のカラフルなサウンドメイキングを中心に、リズム楽器、弦楽器のアナログ感が融合した作品に仕上がっているという。

また初回購入特典として、2019年12月に東京・杉並公会堂で行なわれたストリングスセッションライブ<SCRAPPY SONGS WITH STRINGS>からのライブ映像5曲とミュージックビデオを収録したDVDが付属する。

リリースツアーのスケジュールは後日発表される予定だ。

▲カミナリグモ/『SCRAPPY JEWELRY』

■メンバーコメント

誰かにとっては価値がなくても、誰かにとっては価値があるもの。
この世界のほとんどはそういうものだ。
ガラクタのような僕らの音楽に、宝石のような光を見いだしてくれる人達がいるから、
このアルバムを完成させることが出来ました。
どこにでもあるようなありふれた日々は、どこにもない、代わりのない、
僕やキミだけの価値のある日々で。
そんな日々の隙間にこのアルバムの曲達が紛れ込んで、
小さな光を放ってくれていたなら、それが僕らにとっては大きな光なのです。
(Gt.&Vo.上野啓示)

変わらない事と変わっていく事、どちらも大事だなと思っていて。
活動を休んだからこそ、自分達の中で確かなものというのを今一度振り返りながら
作ることができた作品だと思います。
結局好きな感覚の根底は変わらなくて、自分達のその感覚は曲の隅々に散らばってるけど、
その欠片一つ一つ、ストーリーのように感じてもらえたらと。
二人だから出来る曲、二人では出来なかった曲、いろんな人からのアイディアをもらって、
また新たな形づくりをできる一歩となった、意味のあるアルバムに仕上がりました。
今できたこの作品を大事にして、これからも進んでいきたい、今はそういう気持ちです。
(Key.ghoma)

5th Album『SCRAPPY JEWELRY』

2020年6月17日(水)発売
SCRP-0004 / ¥2,727(+tax) / SCRAPPY RECORDS(STEP corpration)
[収録曲]
01. follow me
02. ジュエリーソング
03. 一秒先
04. TOY BOX STORY
05. rat-foot
06. Half Asleep
07. 手品の続き
08. mutant
09. アニバーサリー
10. patchwork
11. キャンディーブルー
12. 夜明けのスケルトン
13. SCRAPPY SONG

ゲストミュージシャン:bass.菅野信昭(FoZZtone)、 dr.堀正輝、 bass.神田雄一朗(鶴)、 dr.おかもとなおこ(つばき)、bass.タケシタツヨシ(メレンゲ)、 dr.大岡源一郎(LOST IN TIME)、violin.柴由佳子(chi-na)、cello.佐藤遥香, cello.Budapest Scoring

[初回購入特典DVD]
「SCRAPPY SONGS WITH STRINGS」
-Live Movie-
01.Witchy Girl
02.TOY BOX STORY
03.あの虹
04.MY DROWSY COKPIT
05.春のうた

-Music Clips-
01.アニバーサリー
02.手品の続き
03.夜明けのスケルトン

この記事をツイート

この記事の関連情報