石月努、アルバム『山羊座の森』に内省的な自叙伝

ツイート

石月努が4月7日、前作『SAFARI WORLD』から約8ヶ月ぶりとなるフルアルバム『山羊座の森』をリリースした。

◆石月努 画像

石月努の星座を含む“山羊座の森”というタイトルが意味するものは、自身の体内にある深い音楽密林だ。広大な音楽世界の狩猟旅行がテーマとなった前アルバム『SAFARI WORL』ではサウンドに実験的なエッセンスもあったが、本作品は石月努の深い森に入り込み、自身の潜在意識を再確認して表現するような内省的なもの。

過ぎ去りし想いを綴ったミディアムバラード「トーキョーメトロ」、オーガニックサウンドに乗せた自己告白の曲「イノローゼ」などは、石月の自伝的な楽曲。一方で、メジャーキーの楽曲が多いという意味でアルバムは明るく開放的な印象を与える。もちろん石月らしいクセの強さも健在だ。「職業バンドマン」では、“音楽なんて所詮アクセサリー”と吐き捨てるほか、“巷でありがちな☓☓☓風ラップ”、“☓☓☓風ラウドロックアレンジ”などサウンド面でも、なんちゃってバンドマンを強烈に皮肉っている。

収録曲は全7曲。博愛、ユーモア、悲哀、皮肉、郷愁……。石月の体内に入り込み、さまざまな感情を探検しているような錯覚に陥る石月努の自叙伝の完成だ。


■アルバム『山羊座の森』

2020年4月7日リリース
【CD+Mカード(全曲ダウンロード+「トーキョーメトロ」MV「傷だらけのSISTER」MV & making映像)】
1. トーキョーメトロ
2. 傷だらけのSISTER(CAPRICORN’S FOREST Ver.)3. 職業バンドマン
4. 太陽がいっぱい。
5. 山羊座の森
6. イノローゼ(CAPRICORN’S FOREST Ver.)
7. 大切な君に贈る唄。(CAPRICORN’S FOREST Ver.)
▼Mカード映像特典
1. トーキョーメトロ MV
2. 傷だらけのSISTER MV + Making映像

◆石月努 オフィシャルサイト
◆石月努 オフィシャルTwitter
この記事をツイート

この記事の関連情報