ポール・マッカートニーによる「Hey Jude」手書きの歌詞、予想5倍の高額で落札

ツイート

4月10日、アメリカの競売会社Julien's Auctionsが、ザ・ビートルズ関連のオークション<All Beatles>を開催し、ポール・マッカートニーが「Hey Jude」の歌詞を書いた紙が予想を5倍も上回る高額で落札された。

◆<All Beatles>関連画像

Julien's Auctionsは16~18万ドル(約1,735~1,950万円)との予想落札価格を提示していたが、実際にはその5倍以上となる91万ドル(約9,850万円)の高値をつけた。落札した人の身元は明かされていない。

競売会社の説明によると、この歌詞は、ポールが白紙に黒いフェルトペンで綴ったもので、レコーディングで使用されたという。彼はスタジオを去る際、エンジニアの1人にそれをプレゼントしたそうだ。

オークションは、新型コロナウイルスの影響により電話やオンラインで入札を受け付けた。



1964年サンフランシスコのCow Palaceで開いた公演で使われたベース・ドラムヘッドが20万ドル(約2,160万円)、ジョン・レノンとヨーコ・オノによるスケッチ“BAGISM”が9万3,750ドル(約1,015万円)、ポールの静物画が2万8,800ドル(約312万円)などで落札された。約250アイテムが出品されたという。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報