大黒摩季、メッセージを込めた書き下ろし曲の“自宅弾き語り動画”をYouTube配信

ツイート

大黒摩季が4月11日、『自宅から生配信やってみました!#StayHome #WithMe』をYouTube生配信した。その際に披露された書き下ろし曲「ありがとう ~ヒーロー&ヒロインへ~」と「Stay Home」の2曲がプライベートYouTubeチャンネルにて公開中だ。

◆大黒摩季 動画

大黒摩季は先ごろ、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、全国ツアーの“延期を見据えた”中止をアナウンスした。本来、同ツアーの初日・成田公演が開催される予定だった日程が4月11日であり、生配信は家で自粛しているファンに向けて行われたものだ。

その内容は、1997年の1stライブのDVDを観ながら、本人が生コメンタリーを行うというもの。また、冒頭と最後に、新型コロナウイルスによる困難な状況を乗り越えるためのメッセージを伝えたほか、急遽書き下ろしたという楽曲2曲を弾き語りで披露した。


楽曲「ありがとう ~ヒーロー&ヒロインへ~」は、現在、最前線で医療や介護、生活を支える仕事に全力を尽くしている方々への感謝を込めたもの。もう一方の楽曲「Stay Home」は外出自粛で家にこもっているみなさんへのリラックスソングだ。これら2曲は、“聴きたい時に聴けるように” “聴かせたい人に伝えられるように”と、改めて、大黒自身が自宅で弾き語り動画を撮影したとのことだ。

なお、大黒摩季は4月15日より『IJIMEQUEST415』オフィシャルテーマソング「RAINBOW QUEST ~僕らはピース☮メイト~」の配信をスタートさせる。『IJIMEQUEST415』は“いじめ撲滅”をテーマに2019年よりスタートした企画であり、4月15日を“よいこの日”として2020年もイベント開催が決定していた。新型コロナウィルスの感染拡大のために中止が決定したものの、テーマソング「RAINBOW QUEST 〜僕らはピース☮️メイト〜」が配信リリースされるほか、イラストバージョンのミュージックビデオがオフィシャルYouTubeチャンネルで同日公開される。



この記事をツイート

この記事の関連情報