ジョン・ボン・ジョヴィ、幼稚園のオンライン授業に飛び入り

ツイート

ジョン・ボン・ジョヴィが月曜日(4月13日)、米フロリダの幼稚園が行なうオンライン授業にサプライズ出演し、子供たちに曲作りをデモンストレーションした。

ジョンが先月、「自分ができることをしよう」「君の体験を僕と一緒に歌おう」と誘い、「Do What You Can」とのタイトルをつけた未完の曲を演奏する映像を投稿したのを見たMarsh Pointe Elementary Schoolの教師Michael Bonickさんは、子供たちに、家にいなくてはならない今の生活、気持ちについて何か書くよう宿題を出したそうだ。そして、ジョンのスタッフの連絡先を調べ、生徒たちが書いたものを送ったところ、ジョンが子供たちに会いたがっていると返事があったという。

月曜朝行なわれたオンライン授業に参加したジョンは、子供たちが書いた詩/体験談のいくつかを取り上げ、それをもとにアコースティック・ギターをプレイし、「君の気持ちを紙に書き出してごらん。それが曲になるときもあれば、物語になるときもある。どこに君を導くかわからないよ」と話したという。



ジョンは、新型コロナウイルスの影響下、自身やファンの心境/体験からインスパイアされ誕生した新曲「Do What You Can」を4月22日、地元ニュージャージーのパンデミック救済基金New Jersey Pandemic Relief Fundを支援し放送される慈善番組『Jersey 4 Jersey Benefit Show』で初パフォーマンスする。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報