植田真梨恵、フィルム撮影の最新写真公開「今の私を焼き付けてお届けします」

ツイート

植田真梨恵が5月1日、「WHAT’s」「I JUST WANNA BE A STAR」といったタイアップナンバー2曲をダブル配信リリースする。これに先駆けて最新アーティスト写真が公開となった。

◆植田真梨恵 画像

デジタル全盛の現代にフィルムカメラで撮影された最新アーティスト写真は、褪せた色合いの花冠を手に不安げな表情が印象的な一枚だ。もともとフィルムカメラに魅せられていたという植田真梨恵は、映画の撮影やツアー、キャンペーンなどの遠征先に愛機を持ち歩き、フィルム写真の世界にのめり込んでいた。

撮影に使用されたのはカメラマン所有のものではなく、植田自身の愛機(シングル「ふれたら消えてしまう」ジャケットに登場)。撮影当日に愛機を持ち込み、通常撮影の合間に撮られた、たった2本のフィルムの中に収められていたのが今回の写真だとのこと。つまり、初めからフィルム写真の効果を狙ったものではなく、このカットが持つ“静けさ”や、“語りかけるようなその先の物語”がセレクトされた理由となる。

植田真梨恵は現在、ラジオトーク『植田真梨恵の朝まで生返事』(毎週水曜日23時配信)を展開中だ。番組では自宅で没頭しているというアルバム制作の状況を逐一報告しているが、今後、撮影秘話やカメラへの思いが語られるかもしれないとのこと。以下、植田真梨恵から到着した最新アーティスト写真に関するコメントをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

「好きなものでたくさん埋め尽くした部屋に住めば、きっと好きなものがたくさん巡ってくるような気がします。好きな人にももっと巡り合える気がしています。以前私は、自分自身どんなものが好きなのかはっきりとわからなかったんですが、最近になって好きなものが、昔よりわかるようになってきました。
 今回のアーティスト写真は私の好きな、フィルムカメラで撮影してもらったものです。デジタルとコンピュータでどんなイメージも、あったものもなかったものも魔法のように出来てしまう現在ですが、今そこにあるものをフィルムに焼き付けるフィルム写真というものが私にはとてもロマンティックに思え、それは音楽という分野にも通ずることだと思います。次の新しい作品へ向けて、今の私を焼き付けてお届けします」──植田真梨恵


▲シングル「ふれたら消えてしまう」ジャケット画像

【使用カメラ『MINOLTA X-700』】
「庶民的で名機なカメラだと思っています」──植田真梨恵

   ◆   ◆   ◆

■ラジオトーク『植田真梨恵の朝まで生返事』

オンエア:毎週水曜日23:00配信
番組URL https://radiotalk.jp/program/41634

■ダブル配信シングル「WHAT's」

2020年5月1日配信リリース


▲「WHAT’s」
映画『ミセス・ノイズィ』主題歌
http://mrsnoisy-movie.com/

■ダブル配信シングル「I JUST WANNA BE A STAR」

2020年5月1日配信リリース


▲「I JUST WANNA BE A STAR」
ドラマ特区『ピーナッツバターサンドウィッチ』エンディング主題歌
https://www.mbs.jp/pbs_drama/
GRANSNOW OKUIBUKI SEASON TRACK ARTIST
https://www.okuibuki.co.jp


■<植田真梨恵 LIVE TOUR 2020>

09月18日(金) 高松 DIME
09月21日(月) 熊本 B.9 V2
09月22日(火) 福岡 DRUM Be-1
09月25日(金) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
09月26日(土) 宮城 darwin
10月03日(土) 石川 金沢vanvan V4
10月04日(日) 愛知 名古屋クラブクアトロ
10月11日(日) 北海道 札幌Sound Lab mole
10月16日(金) 大阪 BIGCAT
10月18日(日) 広島 セカンドクラッチ
10月25日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI
【プレリクエスト2次先行】
受付期間:4/20(月)12:00〜4/26(日)23:59
https://l-tike.com/uedamarie/

この記事をツイート

この記事の関連情報