【インタビュー】SHAZNAのA・O・IやELLEGARDENの高田雄一を擁する “SISSI”、本格始動「今だからこそ、このバンドと出会えた」

ツイート

シンガーソングライター阿部カナのプロジェクトとして、KATSUKI (Dr)の呼びかけにより、A・O・I (G/SHAZNA, R2Y+J)と高田雄一 (B/ELLEGARDEN, MAYKIDZ, Street Story)が集結したバンドがSISSIだ。結成から2年を経て、4月22日に初の正式音源となるシングル「MARIA」をリリース、いよいよ本格始動する。

◆SISSI (シシィ) 画像

すべての作詞作曲を手掛ける阿部カナは、繊細でのびやかなヴォーカルを響かせながら、時に物語の主人公のように、時に聴き手を導く語り部のように、さまざまな表情を見せていく。そんな彼女独自の世界を、個性的なキャリアとルーツを持つメンバーが奏でる芳醇なロックサウンドが彩ることで、シングル「MARIA」は新しくもどこかノスタルジックな作品に仕上がった。

あくまでも歌を中心に据えながら、高田雄一とKATSUKIによる太いグルーヴがウネリを上げ、精巧で大胆なA・O・Iのギターが楽曲の持つ世界観を情景豊かに物語る。加えて、収録された「マリア」「スタンドバイミーベイベー」「きみに続く道」といった3曲がタイプの異なるものでありながら、すでにSISSIサウンドとして確立されているクオリティの高さは、ツワモノ揃いの成せる業。世代を超えて共鳴し合い、まさにバンドマジックで生み出した今作について、メンバー4人にじっくり語ってもらった。

   ◆   ◆   ◆

■まさかELLEGAEDENのベースの人と…
■続けていると、おもしろいことがある

──結成は阿部カナさんのソロプロジェクトとしてだったんですか?

KATSUKI:僕がもともと阿部さんを知っていて、ライブも観ていいなと思ったので、彼女のバンドプロジェクトを立ち上げようと思ったのが最初ですね。

A・O・I:で、SHAZNAとは別に僕がやっているR2Y+Jのライブをふたりが観に来てくれて、そこで初めて会いました。同じくらいのタイミングで、彼女が弾き語りでやってるライブを観たり、音源を聴かせてもらったり。聴いた時、ちょっと癖のある変わった子だなという印象で。たとえば森田童子さん的な昭和感があって好きだなって思ったんですよ。

▲阿部カナ (Vo)

──そこでA・O・Iさん加入への道筋ができるわけですね。

A・O・I:さらにバンドでやるならどういうふうにすればいいのかなって考えていたところに、R2Y+JのUKっぽい楽曲を聴いた阿部さんが「レディオヘッドとか好きなんです」と。それで“阿部さんのあの曲をアレンジしたら、そういう雰囲気にできそうだな”ってピンときたんですよね。僕は女性ヴォーカルでバンド形態のサウンドプロデュースをするのは初めてだったこともあって、おもしろくなるかなと。「試しに1回スタジオに入ってみようか」ってところから始まりました。あくまで阿部さん主体のバンドプロジェクトをサポートするようなかたちで、彼女のシンガーソングライティングを活かして何かを作るという感じです。

──高田さんはどのタイミングで声がかかったんですか?

高田:以前、KATSUKIさんと別のバックバンドの現場で一緒にやったことがあったので、声をかけていただいて。ちょっとお手伝いみたいな、軽い気持ちで参加して……そのまま今に至ります(笑)。

A・O・I:僕は高田くんと一緒にやることさえ初めてなんですけど、以前から顔見知りではあったんですよ。ちょくちょく喋ったり情報交換してたり。今回、「ベーシストを誰にしようか」って相談がKATSUKIくんからあって、「高田くんが引き受けてくれたらいいよね」とは言っていたので、引き受けていただけて良かった。

──高田さんのベースのどんなところが、このバンドに合うと?

A・O・I:音源を聴いていただければわかると思うんですけど、ルートの太い感じがばっちりハマって。やっぱり安定感がありますよね。特にライブがすごく楽しいんです。実は高田くんの加入がFIXする前に、別のベーシストとリハーサルに入ったこともあって。彼も素敵だったんですけど、高田くんにチェンジした瞬間、バンドのサウンドが変わりました。彼の弾くフレーズはすごくシンプルなんですけど、そのぶん見えるんですよ、世界が。やっぱりバンドマンってすごいなあと。

阿部:変わりました! それはほんとにそうです。

高田:へえ〜……。まあ僕はベース的に何もしてないので、たぶんそこでみなさんが何かするしかない、みたいな感じだと思うんですけど。

A・O・I:そんなことない(笑)。レコーディングも立ち合ったんですけど、音作りもプレイもホントに潔い。“これはアリ、ホントにすごいな”って思いながらずっと聴いてましたから。

▲A・O・I (G)

──A・O・Iさんはギタリストであり、アレンジャーであり、サウンドプロデュース的な役割も担っているんですね。

A・O・I:僕はどこの現場行ってもそうなんですけど、そこに集まったメンバーのいいところが出るようにアレンジを進めるんです。綺麗事に聞こえるかもしれないですけど、僕も含めて、全員の良さが見えて初めてバンドサウンドになるような気がしているから。その曲でその人が弾いた時の見え方っていうか、みんなの音がカッコよく聴こえるとノッてくるので。逆にそれが決まるまでは粘って、何回も何回もいろいろ試すんです。

高田:A・O・Iさんがそうやってリハーサルの進め方とかも全部やってくれるので、参加できてすごくいい経験になってます。

──高田さんはSHAZNAを聴いていた側ですよね。

高田:世代的にSHAZNAは先輩ですから、もちろん聴いてました。

A・O・I:僕も、ELLEGARDENを初めて聴いたとき、“カッコいいバンドが出てきたな”と思っていたんですよ。その当時SHAZNAは最初の活動休止みたいな状態だったので、“いいバンドだな、羨ましいな”と。まさかそのベースの人と、お茶飲み友達になって、さらには同じバンドメンバーになるとは(笑)。

高田:ははははは。

A・O・I:一緒にやって印象が変わったと言ったら変ですけど、改めてベーシストとしてのすごいところがいっぱいわかりました。

──時代を超えて集結した感がありますね。

A・O・I:続けていると、おもしろいことがありますよね。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報