エド、ブルーノ、カーディ、コールドプレイらライブ映像を世界へ配信、<PlayOn Fest>開催

ツイート

ワーナー・ミュージック・グループが、初のバーチャル・ミュージック・フェスティバル<PlayOn Fest>の開催を発表した。

◆トレーラー映像

同イベントは、世界保健機関(WHO)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため開催されるものだ。4月24日(金)から26日(日)にかけて、所属アーティストたちがこれまで<コーチェラ>や<ロラパルーザ>、<ボナルー>、<ロック・イン・リオ>、<グローバル・シチズン・フェスティバル>、そしてアポロ・シアター、シドニー・オペラハウス、O2アリーナなど各国のステージで披露してきたパフォーマンスの模様が72時間連続でライブ配信されるという。


国連財団の会長兼CEO、エリザベス・カズンズ氏は、<PlayOn Fest>の開催に寄せて「私たちは皆、このパンデミックの現状で、人々との繋がりを失わないように頑張っています……<PlayOn Fest>こそ、人々が一丸となって素敵な音楽を楽しみ、お互いの交わりを実現させてくれる最適な方法であり、COVID-19の拡散を封じ込めるための最適な支援の在り方でもあると思います」とコメント。また、アトランティック・レコードに所属するカーディ・Bも次のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

「一人でうずうずしてないで、4月24日から26日まで、<PlayOn Fest>で一緒に楽しみながら、WHOのCOVID-19連帯対応基金の支援をサポートしてほしいわ。 献身的に人命救助に尽力している医療従事者の皆様、ありがとう! 私も今はステージに上がれないから、<グローバル・シチズン・フェスティバル>での熱狂のパーティーを思い起こすわ。是非、みんなにもその愛と希望が伝わったらいいな。みんな、元気に過ごしてね!」──カーディ・B

   ◆   ◆   ◆

開催を前に、公式オンラインストアでは限定グッズの先行販売がスタートした。収益はすべて「COVID-19連帯対応基金」に寄付される。

また、イベント期間中、ファンはワンクリックで寄付可能な「クリック募金」に参加することができる。寄せられた義援金は、世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス感染症パンデミックの予防や検出などの迅速対応支援、患者や最前線の医療従事者の保護、治療薬やワクチンの開発などに使用されるそうだ。

<PlayOn Fest>は日本時間4月24日(金)25時より、SongkickのYouTubeチャンネルにて配信される。

<PlayOn Fest>

2020年4月24日(金)、25日(土)、26日(日)
Songkick YouTubeチャンネルにて配信
https://www.youtube.com/Songkick

▼配信予定映像(一部)
ニプシー・ハッスル(ハリウッド・パラディアムで行われた『ヴィクトリー・ラップ』アルバムリリース記念公演)
コールドプレイ(2017年、サンパウロでの<ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ・ツアー>)
ブルーノ・マーズ(NYアポロ・シアターでの<24K・マジック・ライブ>〜2017年に録画されたプライムタイム・スペシャル公演)
パニック!アット・ザ・ディスコ(2019年、ロンドンO2アリーナでの公演)
エド·シーラン(2017年、<オースティン・シティ・リミッツ・ミュージック・フェスティバル>での特別公演)
KORN(2019年のアルバム『ザ・ナッシング』の発売を記念し、インスタレーション・アート作品の中で撮影されたパフォーマンス)
アニッタ(リオデジャネイロのParque Olímpico公園を舞台にした、2019年の<ロック・イン・リオ>)
カーディ・B(ニューヨーク、セントラル・パークで開催された2018年の<グローバル・シチズン・フェスティバル>)
デヴィッド・ゲッタ(2017年、<トゥモローランド>公演)
ジャネール・モネイ(2019年、<コーチェラ>メインステージ公演)
アンドラ・デイ(2017年、<グローバル・シチズン・フェスティバル>で披露したビリー・ホリデイ「ストレンジ・フルーツ」のカバー・パフォーマンス)
パブロ・アルボラン(2018年、Sevilleスタジアムで行なわれた<アイ・プロミス>ツアー)
トゥエンティ・ワン・パイロッツ(2019年、<ロラパルーザ>でのクロージング・ヘッドライン公演)
ザ・フレーミング・リップス(2019年、オーストラリアのシドニー・オペラハウスで行なわれた『ザ・ソフト・ブレティン』20周年記念公演)
グリーン・デイ(2019年の<EMA>より、MTVのワールド・ステージ・セビリアで披露した公演)
リル・ウージー・ヴァート(2018年、<ロラパルーザ>デビュー・ステージ)
ゲイリー・クラーク・ジュニア(アルバム『ディス・ランド』のグラミー賞受賞を記念し、<オースティン・シティ・リミッツ・ミュージック・フェスティバル>にて披露したヘッドライン公演)
パラモア(<ボナルー・フェスティバル>デビュー公演)
ポルトガル・ザ・マン(ヘッドライナー出演を果たした<コーチェラ>公演)
ウィーザー(2019年、3度目の<コーチェラ>公演)
ウィズ・カリファ(2019年、3度目の<コーチェラ>公演)
ちゃんみな(2019年3月に開催された東京・Zepp Tokyo公演より)

▼配信予定アーティスト
エイ・ブギー・ウィット・ダ・フーディ
アレック・ベンジャミン
アルト・ジェイ
アンダーソン・パーク
アンドラ・デイ
アニッタ
アン・マリー
アリゾナ
エイバ・マックス
バージィ
ビービー・レクサ
ベン・プラット
ブランディ・カーライル
ブルーノ・マーズ
バーナ・ボーイ
カーディ・B
ちゃんみな
チャーリーXCX
チャーリー・プース
クリーン・バンディット
コールドプレイ
coldrain
デヴィッド・ゲッタ
デス・キャブ・フォー・キューティー
ディヴィジョン
エド・シーラン
フィッツ・アンド・ザ・タントラムズ
ギャランティス
ゲイリー・クラーク・ジュニア
GHALI
グリーン・デイ
グッチ・メイン
アイ・ディー・ケイ
ジャネール・モネイ
ジェス・グリン
JJ LIN
カレオ
ケヴィン・ゲイツ
KORN
リル・ウージー・ヴァート
マックルモア
マヘリア
マジッド・ジョーダン
ニプシー・ハッスル
オリヴァー・ツリー
パブロ・アルボラン
パニック!アット・ザ・ディスコ
パラモア
ポルトガル・ザ・マン
リコ・ナスティー
リタ・オラ
ロビン・シュルツ
ロディ・リッチ
ロイヤル・ブラッド
RÜFÜS DU SOL
サブリナ・クラウディオ
スウィーティー
スリップノット
ステレオフォニックス
ザ・フレーミング・リップス
ザ・ヘッド・アンド・ザ・ハート
ザ・ウォー・オン・ドラッグス
トーンズ・アンド・アイ
トゥエンティ・ワン・パイロッツ
ワロウズ
ウィーザー
ウィズ・カリファ

この記事をツイート

この記事の関連情報