ボン・ジョヴィ、新作のリリースを秋に延期

ツイート

ボン・ジョヴィは、5月15日に予定していたニュー・アルバム『Bon Jovi 2020』のリリースを秋まで延期することにしたそうだ。

ジョン・ボン・ジョヴィは先週、SiriusXMのインタビューで新曲「Do What You Can」について語る際、「このパンデミックが原因で作ったんだ。ニュー・アルバムに加えるつもりだ。(アルバムの)リリースは延期された」と話していた。

バンドはその後、6月上旬から開催予定だった北米ツアーの中止を告知しており、今週、Apple Music Beats 1のインタビューに応じたジョンは、ツアーを延期ではなく中止した理由を説明し、アルバムのリリース延期を伝えた。

「中止だ。延期じゃない。これでみんな、チケットを払い戻しすることができる。1年後に延期ではなく中止にしたのは、そのお金を必要としている人たちがいるって重々承知しているからだ。この不確かな時期、家賃や食費、クレジット・カードの支払いの足しになる。みんな、30年以上僕らに寄り添ってくれてきた。僕らも同じだってこと、知って欲しかったんだ。僕らは、それが可能となったときツアーを再開する。そんなわけで、アルバムも秋まで遅らせる。ガッカリしているよ。とくにガッカリだ。このアルバムは凄くいいからね」

ジョンは今週水曜日(日本時間23日朝)、地元ニュージャージーのパンデミック救済基金New Jersey Pandemic Relief Fundを支援し放送されたチャリティ特別番組『Jersey 4 Jersey』に出演し、ホーム・スタジオから「Do What You Can」と「Livin’ On A Prayer」をパフォーマンスした。

『Jersey 4 Jersey』にはブルース・スプリングスティーン、トニー・ベネット、ホールジー、チャーリー・プース、SZA、ダニー・デヴィート、ウーピー・ゴールドバーグらも出演した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報